今朝の赤旗に藍住町の「市田集い」が紹介された

選挙勝てる党 作ろう 徳島・藍住町 市田氏迎え語りあう集い

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日の午前中は柏木さんと一緒に上板町を歩きました。「こうちゃん、タマネギいるで?持ってかえり」そう声をかけてくれたTさん。ありがとうございました。

上板町は私の地元なので幼いころの私を知っている人もたくさんいるんですね。「こうちゃん」なんて声をかけられたら、嬉しい。けど、ドキってする・・・。

そうそう、久しぶりに同級生に会いました。「おう!今度は県議か。頑張ってな。応援するけんな」嬉しかったですね。「一緒に共産党に入って世直し、頑張ろう」って声をかけてしまいました(笑)

こいつと一緒に党活動したい・・・って思うんだよね。

今朝の赤旗に昨日の「集い」の記事が載っていました。紹介しておきますね。

赤旗の申し込みはこちらからどうぞ!私に直接連絡くださっても大丈夫です。

党勢倍加と世代的継承を成し遂げ、来年のいっせい地方選での躍進を勝ち取ろうと、日本共産党徳島県委員会は25日、市田忠義党副委員長を迎え、党を語りあうつどいを藍住(あいずみ)町で開きました。

市田氏は、国民との矛盾を広げる安倍政権の暴走に未来はないと指摘し「どの問題でも国民の立場からの対案を示し、国民と共同してたたかう共産党の値打ちを大いに語ろう」と呼びかけました。

いっせい地方選では「道理のない消費税の10%への増税を許すのかが最大の争点になる」と強調。党の対案を示しながら「増税勢力に厳しい審判を」と訴えました。その上で「選挙にまぐれはない」として、「躍進月間」で強く大きな党をつくり、その力で選挙勝利をと呼びかけました。

6月6日告示の徳島県議補選(徳島選挙区・定数2、15日投票)で、議席回復をめざす山田豊候補が「日本共産党を除くオール与党のなれあい政治にストップの審判を」とあいさつしました。

選挙に向け、党議員と候補者が紹介され、県議選で板野区(定数4)から議席獲得を目指す手塚弘司予定候補が「地域を訪問すると、もう共産党しかないという期待の声が寄せられる。今こそ共産党の出番。全力で頑張る」と語りました。

新入党者の女性(79)は「今の情勢は、私が戦争体験をしたころと全く同じ。二度と戦争をしてはならない。戦争に反対してきた共産党への入党にためらいはなかった」と発言しました。

市田氏は参加者からの党に対する質問に一つひとつ丁寧に答えました。

今夜は上板町での会議に参加していました。今週の土曜日にある「山下よしき書記局長の演説会」にみんなで行こう、大勢で行こう・・・って計画しました。

今夜はここまでにします。みなさん、また明日も元気にお会いしましょう。ごきげんよう。おやすみなさい・・・。

【おまけ】

大好きな八代亜紀さん。今年の赤旗まつりに登場します。う~ん、楽しみだな。

私は彼女の歌が大好きです。大ヒットした「なみだ恋」からのファンです。1973年のヒット曲です。120万枚も売れたんですよ。このヒットの前に『全日本歌謡選手権』に出場して、10週連続勝ち抜きでグランドチャンピオンになったのも覚えています。

子どもの頃、私がよく歌ったのが「ともしび」です。好きだなあ・・・。今でもカラオケでは歌いますよ。悲しい歌ですけどね・・・。泣きながら歌ったのを思い出します。1975年のヒット曲です。

八代亜紀 ともしび 動画はこちらからどうぞ!

あなたの命の ともしびが
もうすぐ消えると 聞かされた
ああ 編みかけの カーディガン
それが出来たら 夜明けの釣りも
もう寒くはないねと
細くなった手で
私の手を握る あなた…
明るく笑って あなたをだまし
ただ祈るだけの 私でした

なんにも知らずに この春の
桜の花びら 散る頃は
ああ教会で 鐘が鳴る
白いドレスの 花嫁衣装
早く見たいと はしゃいで
細くなった手で
私の手を握る あなた…
どうすればいいの 何が出来るの
ただ祈るだけの 私でした

あれから二度目の 春が来たけど
私の中に生きてる あなた…


カテゴリー: 未分類   作成者: てづかこうじ パーマリンク
てづかこうじ

てづかこうじ の紹介

●1961年生まれ ●1979年県立板野高校卒業・鳴門信用金庫入庫 ●1980年劇団ほじゃなを結成  藍住子ども劇場運営委員長、日本アマチュア演劇連盟理事、徳島演劇協会副会長  鳴門信用金庫職員組合委員長などを歴任 ●2003年徳島信用金庫を退職  日本共産党の専従に  現在、日本共産党徳島地区委員会副委員長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">