どぶに落ちても根のあるやつはいつかは“蓮(はちす)の花と咲く”

男はつらいよ 今朝の赤旗「潮流」から

「わたくし、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。姓は車、名は寅次郎、人呼んでフーテンの寅と発します。皆様ともども、ネオン、ジャンズ高鳴る大東京に仮の住居まかりあります。不思議な縁持ちまして、たった一人の妹の為に、粉骨砕身バイ(売)に励もうと思っております。西に行きましても、東に行きましても、とかく土地土地のおぁ兄さん、おぁ姐さんに、ご厄介かけがちなる若僧でございます。以後見苦しき面体お見知りおかれまして、嚮後万端引き立って宜しくお頼申します」

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日も暑かったですよね。今朝は議員会議。午後は事務所で大事な会議。そのあとまたまた会議。今日は会議ばっかりです(笑)

夜は市民劇場の例会に参加をしてきました。生の舞台を観ることは心の栄養になります。大事な事ですね。私もなかなか参加ができないことが多いのですが、頑張ってできるだけ参加ができるように努力しているんです。リフレッシュ、リフレッシュ!

私は渥美清さんの大ファンで、「男はつらいよ」の大ファンです。今朝の赤旗日刊紙の「潮流」の記事の中で『どぶに落ちても根のあるやつは“蓮(はちす)の花と咲く”』という文字が飛び込んできました。わあ、寅さんや・・・。ということで今夜は日記に書いています。

根のあるやつになりたいと思います。

どおせおいらはヤクザな兄貴 わかっちゃいるんだ妹よ
いつかお前が喜ぶような 偉い兄貴になりたくて
奮闘努力の甲斐もなく 今日も涙の
今日も涙の陽が落ちる 陽が落ちる

どぶに落ちても根のある奴は いつかは蓮の花と咲く
意地は張っても心の中じゃ 泣いているんだ兄さんは
目方で男が売れるなら こんな苦労も
こんな苦労も掛けまいに 掛けまいに

こういう歌詞もあるんですよ。

あても無いのにあるよな素振り それじゃあ行くぜと風の中
止めに来るかとあと振り返りゃ 誰も来ないで汽車が来る
男の人生一人旅 泣くな嘆くな
泣くな嘆くな影法師 影法師

では、紹介します。今朝の「潮流」です。

涼やかに水辺に咲くハスの群落美が楽しめる季節です。水面を覆う緑の葉畑から立ち上がる薄紅や白の花々。各地に名所があり、古くからなじみのハスは夏の季語にもなっています。

蓮(はす)は泥より出でて泥に染まらず。泥水の中から美しい花を咲かせる姿は清らかさの象徴とされてきました。映画「男はつらいよ」の主題歌にもこんなくだりがあります。どぶに落ちても根のあるやつは“蓮(はちす)の花と咲く”。

先日、埼玉・行田市にある「古代蓮の里」に足を運びました。早朝から訪れ、地中深くから開花したハスに思いを寄せる大勢の人たち。40年ほど前、ゴミ焼却場建設のためにこの場所を造成したところ、掘り起こした土の中にあったハスの実が自然に発芽したのです。

研究者らの調べによって、およそ1400年から3000年前のものと推定された古代蓮。3000年前といえば縄文時代の終わりか。いずれにしても時をこえ、眠りから覚めた大輪の花がよみがえる。古代から今につながる歴史のロマンです。

周辺には埼(さき)玉(たま)古墳群もあります。このあたりは利根川と荒川に挟まれた肥(ひ)沃(よく)な土地。かつては40をこえる大小の古墳があったとされ、現在も九つの大型古墳が連なります。稲荷山古墳からは古代史をひも解く重要な鉄剣も見つかっています。

歴史の旅はまた、大陸との結びつきをつよく感じさせます。ハスもアジアの多くで昔から親しまれ、古墳からの出土品にも渡来人の技術が生きています。そこに、国境の壁はありません。

今夜はここまでにします。明日は藍住町直道交差点で朝宣伝です。7時30分から立っています。通りかかったら応援してくださいね。

明日は今日よりきっと良い日です!

【おまけ】

私は信用金庫で24年間勤務しました。信用金庫は庶民の味方のBKです。だから原発再稼働も反対です。城南信金の吉原理事長はあの福島の事故があってからずっと声を出し続けています。信用金庫が再稼働反対を言わなければどこが言うのか?私はそう思います。


カテゴリー: 未分類   作成者: てづかこうじ パーマリンク
てづかこうじ

てづかこうじ の紹介

●1961年生まれ ●1979年県立板野高校卒業・鳴門信用金庫入庫 ●1980年劇団ほじゃなを結成  藍住子ども劇場運営委員長、日本アマチュア演劇連盟理事、徳島演劇協会副会長  鳴門信用金庫職員組合委員長などを歴任 ●2003年徳島信用金庫を退職  日本共産党の専従に  現在、日本共産党徳島地区委員会副委員長

どぶに落ちても根のあるやつはいつかは“蓮(はちす)の花と咲く”” への2件のコメント

  1. ハスの花を見て寅さんの歌詞を思い出しどぶに落ちても根のある奴は、の次何だっけな?と検索してここに来ました。東京の親戚に奥村さんがいるので興味が湧き昨年藍住の藍の資料館に行きました。この歌詞を見るたびに星野哲郎さんの才能に感服します。周防大島に行ったとき星野記念館に寄りそこねたのを悔やんでます。宮崎からは徳島はあまり縁のない県ですが、最近すっかり阿波づいて毎年訪れてます。専従なんて日本一厳しい仕事でしょうからご自愛のほどを。

    • 中島さん、訪問ありがとうございます。そしてコメントありがとうございます。毎年のように徳島に来られているとか・・・。ありがとうございます。
      藍住町の藍の館も行かれたのですね。
      寅さん、いいですよね。今度、新作もかなり楽しみにしています。
      ツイッターやフェイスブックの書き込みが最近は主で、ブログの更新もなかなかできていませんが、これをご縁に仲良くしてください。
      暑さに負けずに頑張っています。ありがとうございました。

中島正和 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">