てづかこうじ

てづかこうじ について

●1961年生まれ ●1979年県立板野高校卒業・鳴門信用金庫就職 ●1980年劇団ほじゃなを結成  藍住子ども劇場運営委員長、日本アマチュア演劇連盟理事、徳島演劇協会副会長  鳴門信用金庫職員組合委員長などを歴任 ●2003年徳島信用金庫を退職  日本共産党の専従に  現在、日本共産党徳島地区委員会副委員長

今日の潮流から 橋のない川~住井すゑ

みなさん、こんにちは!日本共産党の手塚弘司です。今朝の赤旗日刊紙の「潮流」に橋のない川、住井すゑさんの話が書いてありました。橋のない川は私の党活動の原点です。小学生の時にこの作品を読み、共産党を知りました。部落差別を無くすにはどうしたらいいのか、人間はみんな平等でなければいけない、そんなことを考える小学生でした。天皇の制度に疑問を持ち、「なんでなんかなあ」と考えていた小学生でした。他の子どもたちとはかなり変わった子どもだったと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼雪の後の牛久(うしく)沼は満々と水をたたえ、さざ波がきらめいていました。部落差別がテーマの小説『橋のない川』で知られる作家・住井すゑ(1902~97年)が「大地のえくぼ」と呼び、亡くなるまでの60年余をそのほとりで暮らした牛久沼

▼作家の誕生日の1月7日、茨城県牛久市の住井すゑ文学館で生誕120年イベントが行われました。同館は、遺族から書斎や住宅などを寄贈された市が、昨年11月に開館したもの。愛用の机や万年筆、辞書、自筆原稿に日記、手帳、蔵書約3400冊を展示しています

▼作家と長年にわたって親交があったという日本共産党の利根川英雄・牛久市議は、旧宅だった文学館に来ると涙が出ると言います

▼「40年以上前、『赤旗』日刊紙を配達に来たのが最初です。『赤旗』を読まなきゃ真実はわからないよ、とよく言われました。入り口には共産党の掲示板があって、選挙の時は応援演説をしてくれて。お宅の庭の桜の下で後援会の花見をしてね。来る者は拒まずという人でした」

▼イベントでは、記録映画「住井すゑ 百歳の人間宣言」が上映され、人権、平等、平和について縦横に語る姿がありました。「生まれながらに尊い身分があるから、生まれながらに卑しい身分がある」「神武天皇・皇紀二千何百年、全部うそ」

▼学生時代、夢中で読んだ『橋のない川』。苛烈な差別と貧困が描かれながら、明るさに励まされたのは、希望をもってたたかう人々の向日性によるのでしょう。今年、読み返したい作品です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、また次回の更新まで、ごきげんよう。

四月は君の嘘・・・もう一度観たい舞台

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。最近、無性に「四月は君の嘘」の舞台が観たくなっています。なぜなんだろう・・・。もう一度、観たいなあ・・・。四月は君の嘘の夢でも見ながら寝ましょうか。みなさん。おやすみなさい。また次回の更新までごきげんよう。

稽古場の動画を紹介・・・。

2022年 党旗びらき

みなさん、あけましておめでとうございます。日本共産党の手塚弘司です。新しい年が始まって早4日が過ぎようとしています。私は元日から3日まで自宅でのんびりさせていただきました。お餅を食べ過ぎまして体重がかなり増えたように思います。今年の目標もダイエットです(笑)

自宅で箱根駅伝を見ていました。今年の青山は強かった・・・。若者の一生懸命な姿に感動をしています。私も心を入れ替えて今年は頑張ろうと思っています。

「党旗びらき」を視聴しました。今年は7月に参議院選挙があります。勝利めざして頑張ろうと決意しました。

昨日の夜、DTVで映画「眉山」を観ました。もう何度も観ていますが、徳島を舞台にした映画ですから阿波の言葉が出てきます。なんか、いいな。

では、また、今年もよろしくお願いします。

上田公司当選!良かった・・・

みなさん、こんにちは!日本共産党の手塚弘司です。昨夜は私、開票場へ行っていました。9時からの開票で最終の数字が出たのが11時20分。票の出方でどきどきしながら開票作業を見つめていました。ケーブルテレビでも中継されているので、現場で作業を見守る人は少なかったです。コロナの影響もあるのかもしれませんが、14人が現場で作業を見守っていました。定数22に27人が立候補し、新人が10人も出るという激しい選挙でした。結果は998票で14番目で当選。ほっとしています。応援してくださったすべてのみなさんに感謝します。今回は鳴門市だけでなく、市外からも、そして全国からも幅広く応援してくださったと思われます。ありがとうございました。

今日はゆっくりしてまた頑張りましょう。では、また、次回の更新まで。

鳴門市議選挙 上田公司へ

みなさん、こんにちは!日本共産党の手塚弘司です。いよいよ鳴門市議選挙が始まって6日目。今日は午後から候補者カーに乗り込みます。鳴門市のみなさん、「上田公司」と書いて投票してください。政策をしっかりとご覧になって投票してください。市政の監視役として、日本共産党の議席は必要です。全国のみなさん、鳴門市にお知り合いのある方は、どうぞ声をかけてください。よろしくお願いします。定数22に27人が立候補。新人が10人立候補する激しい選挙戦となっています。

10月31日は投票日です

みなさん、こんにちは!日本共産党の手塚弘司です。バタバタバタバタしているうちに投票日を迎えました。棄権しないで投票に行ってください。大事な大事な選挙です。比例は「日本共産党」と書いてください。あなたのくらしを良くするために、日本共産党は頑張ります。

464回目の徳島金曜行動

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。全国の緊急事態宣言が解除されましたので、徳島駅前の脱原発行動も本日より再開しました。集まってくださったみなさん。お疲れ様でした。ありがとうございました。今月は19日から衆議院選挙が始まります。原発をゼロにする政府をつくりましょう。今の自民党公明党政権のままでは、いつまでたっても原発はなくなりません。今度の選挙は本当に大事な選挙です。四国から白川よう子さんを国会へ必ず送って、安心安全な日本にするために頑張りましょう。

それではみなさん、また次回の更新までごきげんよう。おやすみなさい・・・。