原発いらん!の声を徳島から

癖になるお店

玉子焼き定食

みなさん、こんにちは!日本共産党の手塚弘司です。北島町にある「菜々キッチン・ほっこり」というお店に初めて行きました。お昼ごはんを食べました。定食650円。食後のコーヒー200円。ヘルシーで安くて癖になりそう・・・。お店の中に野菜や果物も売っていて、バナナと春キャベツとスナップえんどうを買いました。ちょっと引っ込んでいる場所なのでわかりにくいかもしれませんが、お勧めのお店です。私は玉子焼き定食を食べました。おいしかったです。

食後のコーヒー

気になる方はどうぞ一度お出かけください。お店の方もメチャメチャ感じいいですよ。

ほっこりでは、また・・・。

 

19行動 あきらめない!

19行動 藍住4月

みなさん、こんにちは!日本共産党の手塚弘司です。今日も良いお天気です。昨日も良いお天気でした。青空の下、藍住町直道交差点で「19行動」。元気にアピールしました。車の中から手を振って応援してくれる人がたくさんいました。

19

参加されたみなさん、おつかれさまでした。

19 19行動 4月19日 19行動 直道 19行動 藍住町 19行動 林町議 19行動高原さん 19行動!

今夜は302回目の金曜行動です。夕方6時に徳島駅前に集まってください。一緒にアピールしましょう。お待ちしています。では、また・・・。

命が輝く政治

日本共産党文化後援会

みなさん、こんばんは!まだ寝ていない日本共産党の手塚弘司です。先日(14日)党文化後援会の全国交流会がありました。赤旗に記事が掲載されていますので紹介しておきます。

文化後援会

明日の19日は昼休みいっせい行動。私は藍住町直道交差点でアピールします。お昼の12時30分からです。お近くのみなさんはぜひ来てください。

先月は雨の中、頑張りました。では、また、明日。おやすみなさい・・・。

3月の19行動

萩本欽一

赤旗日曜版

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日は水曜日です。赤旗日曜版が届きました、今週もなかなかおもしろい内容になっています。お楽しみに・・・。

さて、欽ちゃんの話を紹介します。この話はすでに出回っているから知っている人もいると思いますが、感動します。私も心を入れ替えて、生きようと思います。まだまだ人生、やり直しができると思います。命がある限り。神様のところへ行くまでは一生懸命に生きないとね。

欽ちゃん

間違いを認める 

高校生の時は、新聞配達のほかにも、いろんなアルバイトをやった。

西銀座のデパートで、窓と床とお便所をきれいにして、1日340円。

封筒のあて名書きをやって、1日240円。

錆付いた鉄板を磨く仕事が一番高くて、1日400円。

賄いを目当てに飲食店の出前のバイトもやった。

ある日、自転車に乗って出前をして、店に帰る途中、新宿の交差点で信号待ちしてたらさ、

「おまえ、何しやがんだ!」って、

おじさんが顔を真っ赤にして、ボクに近づいてきたんだよ。

「何って、なんなんですか?」

「なんなんですかじゃねぇだろう。ココを見てみろ!」

おじさんの車に横線が入っていたの。ピッカピカの新車に長いひっかき傷が1本。

ボク知らないうちに、自転車の荷台に載っているアルミ箱の角かなんかで、ひっかいちゃったみたいで…。

「お前が働いてる店はどこだ。店の名前を言え!」

「言わないよ。ボク」

「言わないじゃないだろ、言えよ!すぐに店に連絡しろ!」

店、店の名前って言うから、ボクは言ったんだ。

「おじさん、ボクはアルバイトなの。1日230円。店のオヤジさん、いい人だから、ボクのかわりに払ってくれると思うけど、小さな店だし、そんな大金払ったら、大変なことになっちゃうよ。おカミさん、泣いちゃうよ。だから、店の名前は言えない」

「おまえのウチは?」

「ウチにお金がないからアルバイトをしてるの。おじさん、むちゃなこと言わないでよ。ウチの親から取ろうとしてるんでしょ。親が困らないようにボクがアルバイトしてるのに」

インチキはダメだ。絶対に逃げないぞ、とボクは思った。

「おじさん、ボクをおじさんの会社まで連れて行って、その分だけ、働かせるのが一番いい方法だと思うんだよ。どれだけでも働くから。おじさんの車のあとを自転車で追いかけてついて行くからさ」

そしたらさ、おじさんが急に。

「君の言っていることが正しいな。ボクの言っていることが間違ってた」って。

「オレもキミみたいにアルバイトして、頑張った頃があって、今、車を買えるようになったんだ。そのことを思い出した。学校を卒業したら、オレの会社においで。ごめんな…」

おじさん、涙をためて「さよなら」って、名刺を1枚残して去って行ったの。

ボク、おじさんの背中を見ながら、泣いたよ。

ボロボロ泣いたよ。

ところがさ、ボク貰った名刺をなくしちゃって。

いつか恩返ししようと思ってたのに、なくしちゃって。

オレって、どう言う人間なんだろうかと自分を疑っちゃったよ。

それでテレビに出られるようになってから、いろんな番組でその話をして、活字でも言い続けたんだけど、おじさんからの連絡はなし。

昭和62年になって、ボクがテレビをやめようとしたときになってやっと手紙が来たんだ。

「テレビや雑誌であなたが私のことを言ってくれていることは知っていました。でも、あなたが懸命に働いている時に、名乗り出るのはイヤでした。あなたがお休みすると聞いたので手紙を書きました。ゆっくり休んでください」

すっごいでかい会社の社長さんだった。

「ボクが間違っていた」と言える人ってカッコいい。

そういうカッコいい人って、社長になっちゃうんだよね。

萩本欽一

今夜は宿直です。もう寝るかな。では、おやすみなさい。明日は今日よりきっと良い日です。

大好きな「私鉄沿線」を聞きながら寝ます。今夜は野口五郎じゃなく竹島宏くんです。

「中川なおき」と書いてください

中川さん

徳島県美波町議選挙

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。美波町の町議選挙が始まっています。22日が投票日です。美波町のみなさん、「中川なおき」と書いて投票してください。日本共産党の1議席をどうぞ守らせてください。

全国のみなさん、美波町にお知り合いがございましたら、どうぞ一声かけていただければと思います。よろしくお願いします。

17日の出陣式には私も参加をしました。自宅(上板町)から美波町まで2時間あれば大丈夫かなと、朝の6時に出発したのですが、途中ラッシュに巻き込まれまして到着したには15分前。何とか間に合いましたが(笑)

2時間45分のドライブでした・・・。

中川さんと白川さん

白川よう子さんが応援に駆けつけてくださいました。

中川さんと奥さんと 中川さん出発

元気に出発です。

私は上田公司鳴門市議と一緒に街頭宣伝。細い道や裏の裏まで入り込んで演説しました。なにせ地理が全くわからない二人でしたので、町外で宣伝をしないかと心配しておりましたが、それは大丈夫でした。

美波町で上田議員と

中川なおき、頑張れ!

では、また次回の更新まで、ごきげんよう・・・。