原発いらん!の声を徳島から

「あやうく一生懸命生きるところだった」

あやうく

みなさん、こんにちは!日本共産党の手塚弘司です。今朝の赤旗を見ていて、目にとまったこのタイトルの本。赤旗の「読書」のページです。韓国で25万部のヒットとなったこの本。色々調べてみたら、「買いたい!」「欲しい!」という気分になってしまいました。いつもはあまり開かないページだったのに、神様が導いてくれたのかな?「これを読みなさい」ってことなのかな?早速購入しよう。では、また・・・。

「正直なところ、この選択がどんな結果を生むのか僕もわからない。“頑張らない人生”なんて初めてだ。これは、僕の人生を賭けた実験だ――」。
韓国で25万部超のベストセラーエッセイ『あやうく一生懸命生きるところだった』の内容を抜粋して紹介。他人の目を気にせず、自分らしく、頑張らずに生きることを決意した著者が教えてくれる、生きづらさから解放される生き方・考え方。

プロローグ――今日から、必死に生きないと決めた

第1章 こうなりたくて、頑張ってきたわけじゃない
・なんのために頑張っているんだっけ?
・そもそもやる気がなくても働ける
・必要なのは、失敗を認める勇気
・そこまで深刻に生きるものじゃない……

第2章 一度くらいは思いのままに
・年を取ってから遊ぶだなんて!
・たまには年齢を忘れてみる
・”自分だけの人生”は失敗の上に成り立つ
・「ムダ足」こそ、人生の醍醐味だ……

第3章 生きていくって、たいしたことじゃない
・「やりたい仕事」なんて探しても見つからない
・いつかはみんな会社をやめる
・仕事にアレコレ求めすぎてない?
・お金のために自由を後回ししない……

第4章 あやうく一生懸命生きるところだった
・少しくらい遅れたって気にすんな
・思い通りにいかないほうが正常だ
・普通で、つまらない毎日を幸せに過ごす
・大切なのは「結果」ではなく「物語(プロセス)」……

赤旗の記事 3・8

赤旗日曜版に中川大志

赤旗日曜版 3月8日号

今週もかなりおもしろいですよ!

みなさん、こんにちは!日本共産党の手塚弘司です。今週の赤旗日曜版に中川大志くんが登場しています。私が印象的だったのはあの「家政婦のミタ」の長男くんがこんなに大きくなったのか・・・ということ(笑)

家政婦のミタ

赤旗日曜版は毎週自宅まで届けてくれて、月930円、内容はこの画像をていただいたとおり豊富でおもしろい。お勧めです。お近くの共産党事務所までお電話してください。

では、また。

中川大志

 

しゃぼん玉とんだ宇宙までとんだ

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。先週の話ですが、私、久々にミュージカルを観てきました。感動のあの伝説のあのミュージカルです。「しゃぼん玉とんだ宇宙までとんだ」です。私、絶対に泣くと思っていたのですが、最初から最後まで泣きっぱなしで・・・。

昔の懐かしい音楽座のメンバーも参加していて、特に土居さんね、土居裕子さん。すごいわ。井上くんはやっぱかっこいいしね。最高でした。

大阪公演、新歌舞伎座へ行ってきました。

しゃぼん玉とんだ しゃぼん玉とんだ宇宙までとんだ

心の洗濯できました。舞台はいい。ミュージカルはいい。では、また。

しゃぼん玉おもしろかった

原作:筒井広志「アルファ・ケンタウリからの客」
演出:小林 香
出演:井上芳雄、咲妃みゆ/畠中 洋、吉野圭吾、濱田めぐみ、上原理生、仙名彩世、内藤大希、北川理恵、大月さゆ、川口大地、横田剛基、松田未莉亜、早川一矢、松野乃知、相川 忍、井上一馬、藤咲みどり、照井裕隆、福井晶一/土居裕子
※東京公演では吉野圭吾と福井晶一がWキャストで出演し、全国公演では吉野がシングルキャスト。
※全国公演では濱田めぐみに代わり、月影 瞳が出演。
【東京公演】2020年1月7日(火)~2月2日(日)日比谷シアタークリエ
【福岡公演】2020年2月7日(金)~9日(日)福岡市民会館
【大阪公演】2020年2月12日(水)~15日(土)新歌舞伎座
※詳細はhttps://www.tohostage.com/shabondama/をご覧ください。

013852_30