母が逝って1週間

幼い私と母 幼い私と母 実家で

(30歳の母です)

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。前回のブログの更新(12月13日)から1週間が過ぎました。母の体調が急変したのが13日の夜中でした。救急車で県立病院へ走りましたが、日付が変わった14日早朝、母は家族に囲まれながら逝きました。

13日は朝から腰が痛いと訴えていましたが、大好きなデイサービスにも出かけました。朝食も半分残し、デイでの昼ごはんもあまり食べなかったそうです。帰ってきてから、やっぱり腰が痛いということで整形へ連れて行きましたが、痛み止めをくれただけでした。多分、朝から予兆があったのです。夜の10時過ぎ、ポータブルトイレに座ったまま動かない母を見つけ、あわてて救急車を・・・。そのときにはもう声は出ませんでした。しかし意識はあって「病院へ行こうね」との問いかけに大きくうなずいたそうです。

1年半前、3ヶ月入院したときに「動脈瘤」が見つかって、もうすでに大きくなっていて、いつ破裂するかわからない、破裂したら命は終わり・・・と主治医からは言われていました。母は「死ぬのは嫌じゃ、あと1年は生きたい、まだまだおいしいもんをいっぱい食べて死にたい」と言って泣きました。あれから1年以上生きて、退院してから娘夫婦(私の妹)に2回も温泉に連れて行ってもらい、あんなに嫌がっていたデイサービスにも喜んで行くようになり、デイでは大事に親切にしてもらって、本人は一番幸せな1年半だったのではないでしょうか。

亡くなったのは淋しいですが、苦しまずに、しんどい思いをしないで逝ったことが何よりの救いです。この1週間は葬儀の準備や、葬儀後の後始末や何やかやで、バタバタしながらあっという間に過ぎてしまいました。だから実感が無いんです、まだ。

朝起きて「ばあちゃん、ごはんでよ」と誰もいなくなったベッドに声をかけてしまいます。

買い物が大好きな母でした。

おいしいものを家族そろって食べに行くのが大好きな母でした。

母ちゃん、親不孝な息子を許してな。もっと優しくしてあげたら良かったね。ごめんね。後悔ばかりです。でも、今頃は天国で笑っていると思います。

そう、信じています。

買い物が大好きでした

大好きな買い物をする母 買い物をする母

スーパーで買い物をする母・・・。なによりも買い物が好きでした。朝、新聞の折込チラシを見るのが好きでした。デイサービスで、買い物に連れて行ってくれるのを本当に楽しみにしていました。

おいしい料理を前に わかめうどんが好きでした

うどんを食べる母 おいしい食事中の母 中華を食べる母

うどん、和食、中華・・・なんでも大好きでした。最近の母です。私が休みの時には「食べにいけへんで?」と必ず声がかかります。私の休みを楽しみにしていた母です。

大好きな刺身定食

大好きな刺身定食。

回転寿司にて

大好きな回転寿司。どれだけ食べるんや・・・って感じで食べていました。

中学生の私と母

中学生の頃の私と母です。自宅で。

原発反対行動にも参加した母

息子が頑張っているからと金曜行動にも参加しました。もちろん、大好きな大判焼きを駅前で買って帰りました。デモ行進も元気にこの頃はしていました。

ピースする母

亡くなる前の母です。大好きなお好み焼きを食べに来たときです。「はい、写真撮るけん、こっち向いて」と言うとこうやっていつもピースしていました。

母ちゃん、お疲れ様でした。天国でもおいしいもん食べるんじょ。

こんなことして遊んだり・・・

 


カテゴリー: 未分類   作成者: てづかこうじ パーマリンク
てづかこうじ

てづかこうじ の紹介

●1961年生まれ ●1979年県立板野高校卒業・鳴門信用金庫入庫 ●1980年劇団ほじゃなを結成  藍住子ども劇場運営委員長、日本アマチュア演劇連盟理事、徳島演劇協会副会長  鳴門信用金庫職員組合委員長などを歴任 ●2003年徳島信用金庫を退職  日本共産党の専従に  現在、日本共産党徳島地区委員会副委員長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">