伊方原発の再稼働を許さない!

原発再稼働反対の人は「日本共産党」と書いてください!

昨日の53回目の徳島金曜日行動はちょうど1周年でした。長く続けてきたなあ・・・って思います。今、参議院選挙の真っ最中ですが、どこに投票しようか迷っている人がたくさんいると思います。このブログをたまたま訪問して、読んでくれている方もいるかもしれません。これも何かの縁です。比例は「日本共産党」と書いてください。

原発は即ゼロ・・・と言っているのも共産党だけです。

2011年3月11日の東日本大震災と福島第一原発事故から2年4カ月。いまだに15万人もの人々が避難したまま故郷に帰れずにいます。

原発周辺市町村では約半数の小中学生が体育の授業以外ではほとんど外で運動をしていません。

原子炉建屋では毎日約400トンずつ汚染水が増えており、その一部が外に漏れ出ています。

溶融した核燃料を取り出す技術は今もまだ確立していません。

安倍首相ですら「とても収束と言える状況ではない」と認めました。
このような状況の一方で、泊原発停止(2012.5.5)以降の1年2ヶ月間、私たちはほとんど原発なしで真夏も真冬も問題なく過ごしてきました。
原発がなくても電力供給は十分可能だったのです。

また「原発の電力は安い」という常識も実は「作られた神話」だったことがわかってきました。
「安全神話」だけでなく「足りない神話」「安い神話」の化けの皮もはがれ落ちた2年4カ月でした。

こうした体験をした私たちは、生活や国土を破壊し、こどもたちの未来を脅かす原発の即時廃止を求めます。

しかし、政府・与党は「原発の活用」を方針とし、7月の「新規制基準」施行をテコに再稼働を目指し、あろうことか輸出まで推進しています。

この政治を変えないと「原発のない日本」をつくることはできません。
私たち一人ひとりが各党の姿勢をよく見極めて、原発のない日本を選択しましょう。

首都圏反原発連合のHPより転載しました。

 

頑張る上村きょう子!

七夕宣伝で短冊に願い事を書いて笹に結び付ける上村きょう子さん。

14日ラストサンデーの上村候補の予定

明日は主に徳島市内で行動

主な街頭宣伝
  8:50城東中学校前
 11:00マリンピア阿波銀行前
 11:30末広市営住宅前
 15:30渭北八幡神社付近
 16:00川内宮島市営住宅前
 18:00アクティ21前で「かえるネット徳島」の青年たちと行動

個人演説会
 14:00加茂名コミセン
 19:00上八万しらさぎ台まちづくり活動センター

この合間をぬって、各団体の大会などでごあいさつ。

分刻みの超ハードスケジュールですが、上村候補は元気いっぱいです。

*日本共産党徳島県委員会のHPより転載しました。

 

明日の朝は地元の公園の草刈りです。朝、早いのでもう寝ましょうか。みなさん、おやすみなさいませ・・・。

はあ・・・

おまけです!

ゴーゴーがばい共産党 vol.23

ここからどうぞ!


カテゴリー: 未分類   作成者: てづかこうじ パーマリンク
てづかこうじ

てづかこうじ について

●1961年生まれ ●1979年県立板野高校卒業・鳴門信用金庫就職 ●1980年劇団ほじゃなを結成  藍住子ども劇場運営委員長、日本アマチュア演劇連盟理事、徳島演劇協会副会長  鳴門信用金庫職員組合委員長などを歴任 ●2003年徳島信用金庫を退職  日本共産党の専従に  現在、日本共産党徳島地区委員会副委員長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。