高校演劇はやっぱり良い!

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。先日、高松市で開催されていた、高校演劇の四国大会に参加してきました。本当に久しぶりの参加でした。高校生の舞台は本当に良い。やっぱり良い。

私は高校1年の時に青森県八戸市で開催された全国大会に参加しました。初めての舞台だったので、緊張でほとんど覚えていないんですよね(笑)

板野高校

八戸大会のパンフレットから。

板野高校の舞台「哭女(なきをんな)」です。私が出場した第22回大会、昭和51年、1976年の夏のことでした。高校1年生の夏、15歳、色んな経験をした年でした。

自分を変えたくて「演劇」を始め、自分を変えてくれた「演劇」を大事にしたいと、自分で劇団を創って公演を続けてきました。高校演劇は私の原点。

上演された高校生のみなさん、本当にお疲れ様でした。来年の夏は佐賀での全国大会です。

最優秀賞は丸亀高校の「馬鹿も休み休みYEAH!!」 です。この高校が全国大会へ出場です。 優秀賞は徳島県代表の城東高校、「スパゲッティーフィケーション」 です。城東高校は春フェスへ出場します。そして、 松山東高校「ひなひとり」 が3位。創作脚本賞 は城東高校「スパゲッティーフィケーション」でした。

四国大会に参加

では、また・・・。

 


カテゴリー: 未分類   作成者: てづかこうじ パーマリンク
てづかこうじ

てづかこうじ の紹介

●1961年生まれ ●1979年県立板野高校卒業・鳴門信用金庫入庫 ●1980年劇団ほじゃなを結成  藍住子ども劇場運営委員長、日本アマチュア演劇連盟理事、徳島演劇協会副会長  鳴門信用金庫職員組合委員長などを歴任 ●2003年徳島信用金庫を退職  日本共産党の専従に  現在、日本共産党徳島地区委員会副委員長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">