おかしいぞ NHK報道 靖国の性格・歴史伝えず

今日は元気をいっぱいもらったぞ~!

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日も本当に寒かったですね。風邪などひいてはいませんか?気をつけてくださいね。うがい、手洗い、充分してくださいよ。これは、自分にも言い聞かせているんです。

今日は午前中、20歳と22歳の若者と懇談しました。一緒に志位委員長の記念公演のDVDを見ました。じっくりと見てくれて色んな話ができて楽しかったです。20歳の男性は残業の話、22歳の男性は長時間労働の話。余裕の時間がいっぱいできる未来が待っているといいよね・・・って。

午後も若者と懇談する機会があって楽しい時間を過ごしました。こちらも20代の女性です。元気になりますね。若い子たちと話をするのもいいもんですね。若いエキスをいっぱいもらいました~!!

 

さて、今朝の赤旗日刊紙から記事を紹介します。

安倍晋三首相の靖国参拝をめぐるNHK報道に批判が殺到しています。過去の侵略戦争を美化・正当化する靖国神社の問題点にはほとんど触れずに、安倍首相のインタビューをそのまま伝え続けたからです。安倍首相が参拝した26日と、翌27日の「ニュース7」「ニュースウオッチ9」の報道内容を見ると―。

タイミングばかり

「二度と再び戦争の惨禍によって人々の苦しむことのない時代をつくるとの決意を込めて『不戦の誓い』をした」「戦犯を崇拝する行為だと誤解に基づく批判がある」「中国、韓国の人々の気持ちを傷つける考えは毛頭ない」(26日、首相)

「ニュース7」「ニュースウオッチ9」は、26日のそれぞれトップニュースで安倍首相の靖国参拝を報道しましたが、中身は安倍首相のこうした言葉をそのまま流すのが中心でした。

政治記者の解説は「どうして、このタイミングか」という参拝時期に焦点を当てたものばかり。

首相の靖国参拝を視聴者が考える上で不可欠のはずの、「靖国神社に参拝することが、なぜ問題なのか」「神社の歴史や性格はどういうものなのか」「アジア・太平洋戦争を推進したA級戦犯(東条英機元首相ら14人)を合祀(ごうし)している問題をどう考えるのか」―などの事実には、まったくというほど触れませんでした。

両ニュース番組は、靖国報道の多くの時間を割いて中国、韓国、アメリカなど諸外国の反応を報道しましたが、日本自身の深刻な“歴史認識の問題”として向き合うのではなく、あたかも外国が批判するから政治問題化するのだと言わんばかり。

権力監視できない

26日「ニュース7」は、日本共産党の志位和夫委員長の「歴史逆行の本性があらわになった。第2次世界大戦後の国際秩序に対する挑戦であり、アメリカも含めて支持されない。世界全体を敵に回すことになる」とのコメントを伝えたものの、同日の「ニュースウオッチ9」はこのコメントをカット。靖国神社の性格についても「幕末から太平洋戦争までに戦死した軍人や民間人など246万人余がまつられる」などと説明し、A級戦犯合祀の事実にさえ触れませんでした。

翌27日の「ニュース7」「ニュースウオッチ9」は、諸外国からの批判の高まりに対し安倍首相が「戦場で散っていった方々のために冥福を祈り、手を合わす。世界共通のリーダーの姿勢だろう」(27日)と居直ったコメントを無批判に、そのまま報道しました。

首相や政府の見解を無批判に報道するだけでは、国民の知る権利に応え、政治権力を監視するジャーナリズムの役割を発揮することはできません。

安倍政権は今、侵略戦争に無反省なまま、軍事大国化への道をひた走ろうとしています。しかし、NHKの靖国報道を見る限り、こうした事実を積み重ねることで危険な動きに迫る報道姿勢はうかがえません。(佐藤高志)

 

赤旗を読まなければ本当の今がわからない!

ん?文章、おかしくない?大丈夫かな?赤旗の申し込みはこちらからどうぞ!

さ!今夜はまたまた宿直です。事務所に帰ってきました。今年も残り少なくなりました。31日の大晦日まで頑張るぞ~!!ではみなさん、また明日

 

【おまけ動画】

12.27暴走政権に未来はない 

12月26日ニコニコ生放送 いろいろあった2013年。 話題になった「キーワード」からこの1年を振り返る「とことん共産党」スペシャル。

【出演】小池晃副委員長・参院議員、朝岡晶子さん、ゲスト・七尾功ニコニコ政治担当部­長、白石たみお都議会議員、吉良よし子参議院議員。

 キーワードでふりかえる この1年

 


カテゴリー: 未分類   作成者: てづかこうじ パーマリンク
てづかこうじ

てづかこうじ の紹介

●1961年生まれ ●1979年県立板野高校卒業・鳴門信用金庫入庫 ●1980年劇団ほじゃなを結成  藍住子ども劇場運営委員長、日本アマチュア演劇連盟理事、徳島演劇協会副会長  鳴門信用金庫職員組合委員長などを歴任 ●2003年徳島信用金庫を退職  日本共産党の専従に  現在、日本共産党徳島地区委員会副委員長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">