年老いた母にまた大きな声をあげてしまった!

お母さん、ごめんなさい。そしてありがとう・・・

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日は反省をしているんです。実は年老いた母に大きな声をあげてしまいました。前にも同じことを書いています。その時も反省して、親に優しくしてあげなければ・・・と反省したんですが。

今朝、母親を整骨院へ連れて行きました。数カ月前から腰を痛めて、妻と私が交代で病院などに連れて行っているのですが、今朝は私の当番でした。私の母は昔から丈夫な母でした。いつも元気で病気などしない母でしたが、最近は年老いてすっかり弱ってしまいました。よく転ぶようになりました。怪我も何度もしました。最近は歩くのもしんどそうで、「痛い、痛い!」と叫んだりしています。かわいそうだと思いながらも、どうしようもないんです。

さて、整骨院の帰りです。マーケットに寄りました。母は歩きにくいので、みかんとお茶を買ってきてほしいとのことで、私が買ってきたのですが・・・。「こんな大きなみかんを買ってきて、みかんは小さい方がうまいんじゃ、これはうまくないわ・・・」と。

その後、郵便局に用事があったので寄って、車に戻ると「長かったなあ・・・。ほんなに時間がかかるんか。何をしよったんな、ほんまに」とブツブツと、文句を言うんです。

「何が気に入らんのな!さっきからブツブツと。文句ばっかり言うな!」と車の中で叫んでしまったのです。自宅へ帰ってきて、車のドアをバタン!と強く閉めて、母をほったらかしにして部屋へ入ってしまいました。母は歩きにくい体で車から降りてひとりで家に入ってきました。ちょっとかわいそうなことをしたな・・・と思ったのですが、後の祭りです。

私は今年こそは生まれ変わって、頑張ると元旦に誓ったんです。いつもイライラして怒りっぽいのを反省して、頑張っていたのですが、人間は弱い生き物ですね。またまた反省です。

偶然なのですが、昔の懐かしい写真が出てきました。若いころの母です。このかわいい男の子はもちろん私です。そして父と私です。父は数年前に亡くなっています。苦労ばっかりしてきた父と母です。母もこれからそう長くは生きられないだろうと思います。だからこそ、大事に、優しくしてあげたいと思います。

今夜、母と一緒に「うどん」を食べに行きました。ちょっとした罪滅ぼしです。喜んで「うどん」を食べている年老いた母を見てほっとしました。大きな声を出してしまってごめんなさい・・・って言えないけれど。いつまでも元気で長生きしてね。そして早く痛い腰が治るといいね。

さて、今夜はここまで。みなさん、おやすみなさい。また明日


カテゴリー: 未分類   作成者: てづかこうじ パーマリンク
てづかこうじ

てづかこうじ について

●1961年生まれ ●1979年県立板野高校卒業・鳴門信用金庫就職 ●1980年劇団ほじゃなを結成  藍住子ども劇場運営委員長、日本アマチュア演劇連盟理事、徳島演劇協会副会長  鳴門信用金庫職員組合委員長などを歴任 ●2003年徳島信用金庫を退職  日本共産党の専従に  現在、日本共産党徳島地区委員会副委員長

2 thoughts on “年老いた母にまた大きな声をあげてしまった!

    • まこままさん、コメントありがとうございます。これは残念ながら無断使用です。困ったものですね・・・。
      何はともあれ、訪問感謝です。

まこまま へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。