幼い女の子が歌う「ふるさと」に涙した

32回目の徳島駅前金曜日行動に参加しました。心配していた雨も午後にはあがり、抗議行動日和となりました。今日も寒いから参加者が少ないやろうか・・・と心配していましたが最終的には21人の参加者でした。おおお!久々に20人超えやで!

6時前から準備をしていると幼い子どもさんを乳母車に乗せた若いお母さんがやってきました。元気なお母さんです。「初めまして!日和佐からやってきました!よろしくお願いします!」毎回、新しい人が参加してくれて嬉しいです。

みんなでリレートークを始めました。そのお母さんにマイクが渡りました。すると車に乗った女の子がマイクを握って歌を歌い始めたのです。幼い女の子が歌った歌は「ふるさと」でした。

  1. うさぎおひし かのやま こぶなつりし かのかわ
    ゆめはいまも めぐりて わすれがたき ふるさと
  2. いかにいます ちちはは つつがなしや ともがき
    あめにかぜに つけても おもひいづる ふるさと
  3. こころざしを はたして いつのひにか かへらん
    やまはあをき ふるさと みずはきよき ふるさと

徳島駅前を通る人たちも、みんな、注目しています。しっかりした歌声です。ゆっくり、ゆっくりと歌う幼い女の子のかわいい声に、何とも言えない気持ちになったのでした。

地震で、原発事故で、故郷を離れなければならなかった福島のみなさんの無念の思いがあふれてきます。

絶対に原発を再稼働させてはいけません!来週も頑張るぞ~!!

昨日は映画「東京家族」を見てきました。涙もろい私はやっぱり泣いてしまいました。尊敬する山田洋次監督の最新映画「東京家族」、素晴らしい映画でした。

映画の帰りには、年老いた母と手をつないで映画館の階段を下りました。私が幼い時は母が手をひいてくれた・・・。今は私が母の手をひいて歩いている。

お母さん、いつまでも元気で長生きしてください。

そんな素直な気持ちにしてくれた「東京家族」でした。

 


カテゴリー: 未分類   作成者: てづかこうじ パーマリンク
てづかこうじ

てづかこうじ について

●1961年生まれ ●1979年県立板野高校卒業・鳴門信用金庫就職 ●1980年劇団ほじゃなを結成  藍住子ども劇場運営委員長、日本アマチュア演劇連盟理事、徳島演劇協会副会長  鳴門信用金庫職員組合委員長などを歴任 ●2003年徳島信用金庫を退職  日本共産党の専従に  現在、日本共産党徳島地区委員会副委員長

2 thoughts on “幼い女の子が歌う「ふるさと」に涙した

  1. 「東京家族」よかったですね。
    私は2度見ましたが、2度目もやっぱり涙が出てきました。
    一緒に行った友はハンカチがぐしょぐしょ。
    お母さんの手を引いて帰る手塚さんの姿、いいですね。
    徳島駅前の少女の「ふるさと」聞きたかったです。
    今日は雨が降らなくてよかったですね。

    • 東京家族、良かったです。大好きな山田洋次監督の映画ですから、絶対に見たかったんですよ。
      そうですか、2回もご覧になりましたか。すばらしい映画です。
      2回見たら、最初とはまた違った見方ができたり、新しい発見があったり、するかもしれませんね。
      金曜日の徳島駅前、時間のある時にぜひお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。