今度もやっぱり共産党!

今度は共産党

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。衆議院選挙で大きく躍進させていただきました。8議席から21議席になりました。今、国会でも新しい日本共産党の議員が大活躍です。この勢いで4月のいっせい選挙も大躍進といきたいところです。私は板野選挙区から県議選挙に立候補予定です。定数が5から4に減りました。立候補予定は6人。自民が③、民主が①、無所属①、そして私、手塚弘司、共産①です。

消費税10%断固反対で頑張る日本共産党。

戦争だけは絶対にしたらあかん!と頑張る日本共産党。

原発再稼働断固反対!即ゼロへ!と頑張る日本共産党。

子どもの医療費、高校卒業まで無料に!と頑張る日本共産党。

今度もやっぱり共産党!

今週の赤旗日曜版が最高にいい!ぜひみなさん、手に取って読んでください。毎週、自宅まで届いて823円です。他の新聞が書かないこと、書けないことを書いています。なかなかおもしろい週刊新聞です。まだ、読んだ事ない人は、どうぞ読んでみてください。申し込みは直接、私に申し込んでくださってもOKですし、中央委員会へメールでも申し込みできます。遠慮しないで、どうぞ!

赤旗日曜版 2月22日号

子ども医療費 広がる助成

2015年02月22日号

共産党 住民と力合わせ実現 千葉
粘り強く追求 中学まで無料 名古屋

日本医師会も拡充要求
日本医師会常任理事 釜萢敏さん

子どもが病気をしてもお金の心配なく医療を受けられるようにしてほしい-。親の切実な願いです。子どもの医療費助成制度が、全自治体に広がっています。いっせい地方選では、対象年齢の拡大や窓口無料化など制度の拡充が大きな争点となります。千葉県、名古屋市からのリポートです。日本医師会常任理事の釜萢(かまやち)敏さんにも話を聞きました。

私は「安心して子育てできる徳島」にするために全力で頑張ります。今、子育て支援の署名用紙も準備中です。若い、ママやパパが元気になる政策を訴えて頑張ります。明日は私の地元、上板町で街頭宣伝です。夕方6時からは137回目の徳島金曜日行動です。みなさん、徳島駅前に集まってくださいね。

徳島金曜日行動9月13日

子どもたちの未来のために「原発はNO」だ!

今夜はここまでにします。明日は今日よりきっと良い日です。おやすみなさい・・・。


カテゴリー: 未分類   作成者: てづかこうじ パーマリンク
てづかこうじ

てづかこうじ について

●1961年生まれ ●1979年県立板野高校卒業・鳴門信用金庫就職 ●1980年劇団ほじゃなを結成  藍住子ども劇場運営委員長、日本アマチュア演劇連盟理事、徳島演劇協会副会長  鳴門信用金庫職員組合委員長などを歴任 ●2003年徳島信用金庫を退職  日本共産党の専従に  現在、日本共産党徳島地区委員会副委員長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。