未来へ手渡す 今週も赤旗がおもしろい!

5月5日はこどもの日。みなさんは「子どもの権利条約」を知っていますか。25年前の1989年、すべての子どもが安心して育つ社会をつくろうと、世界の国々の約束として国連で決めました。条約の中身や日本の子どもの現状を見てみると―。子どもが自分の意見を自由に表明すること(意見表明権)や日本の現状について、国連NGO(非政府組織)のDCI日本支部副代表の横湯園子さんにも聞きました。

ふんわりとした食感と風味が人気のパンケーキ。子どもと一緒に混ぜて焼いて、かわいく飾って楽しみませんか? パンケーキ2種と手作りソースの作り方を、お菓子研究家の本間節子さんが紹介します。

5月5日は子どもの日

子どもたちの幸せを願い、命の重みを伝える絵本などを発表してきた医師で作家の鎌田實さんと、児童文学の新境地をひらいたロングセラー『ズッコケ三人組』シリーズの作者、那須正幹さんに、いま子どもたちに伝えておきたいことなどを聞きました。

 

手塚弘司、今日も全力疾走!!

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今夜は私の地元、上板町で会議でした。みんなでワイワイと楽しい時間を過ごしました。5月25日には市田副委員長が板野郡へやってきます。藍住町民会館ホールでの「集い」です。大勢の人を誘って市田さんの話を聞いてもらおう・・・と話し合いました。

誰でも自由に参加できます。午後2時からです。ぜひみなさん、来てくださいね。

今日は水曜日です。日曜版が事務所に届きました。今週も読み応えある楽しい内容満載です。どうぞ、お楽しみに・・・。

今夜は例によって宿直です。上板町での会議が終わって事務所に帰ってきました。大好きなコーヒー牛乳を飲みながら更新です。明日はメーデーに参加します。寝坊しないようにしなきゃ・・・。では、みなさん、ごきげんよう。また明日・・・。おやすみなさい。

花咲舞が黙ってない 

半沢直樹もおもしろかったが、これも最高!

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日は台風のようなお天気でした。雨がすごくて、外で仕事をする人は大変だったろうなあ…って思います。

さて、このドラマ、なかなかおもしろいんですね。忙しい水曜日の放送なので私はなかなか見ることができないんですが、なぜか前回は見てるんですね。なんでやろか?

世間からズレた慣習とモラルに支配されたメガバンクのエリートを若手女性行員・花咲舞が斬る・・・。「狂咲」の歯に衣着せぬ物言いと物怖じしない突破力が痛快です!

原作はあの『半沢直樹』の作者、池井戸潤です。私も信用金庫で24年間勤務していましたので、うんうん・・・と頷きながら見ることが多かった半沢直樹・・・。おすすめのドラマです。

 
花咲舞:杏
相馬健:芝崎太一:塚地武雅
辛島伸二朗:榎木孝明
真藤毅:生瀬勝久
児玉直樹:甲本雅裕
花咲幸三:大杉漣

上川隆也といえば「大地の子」ですね。この作品は最高でした。

大地の子』(だいちのこ)は、山崎豊子の小説、また小説を原作としたテレビドラマ。中国残留孤児・陸一心(りくいっしん)の波乱万丈の半生を描いた物語である。

1984年から胡耀邦総書記に3回面会し、取材許可を取り、当時外国人に開放されていない農村地区をまわり300人以上の戦争孤児(山崎豊子は自分の意思で残った印象を与えると残留孤児とは言わなかった。)から取材した。2013年11月19日NHK総合で放送されたクローズアップ現代「小説に命を刻んだ~山崎豊子 最期の日々」で山崎豊子の肉声テープで「中国大陸のそこここで、自分が日本人であることも分からず、小学校にも行かせてもらえず牛馬の如く酷使されているのが本当の戦争孤児ですよと・・・、私はこれまでの色々な取材をしましたが、泣きながら取材したのは初めてです。敗戦で置き去りにされた子どもたちが、その幼い背に大人たちの罪業を一身に背負わされて小日本鬼子(シアリーペンクイツ)日本帝国主義の民といじめられ耐えてきた事実、日本の現在の繁栄は戦争孤児の上に成り立っているものである事を知ってほしい。大地の子だけは私は命を懸けて書いてまいりました。」と紹介された。

今夜は北島町で会議でした。先日、北島町で増谷議員と一緒に「憲法を守れ!」のプラスター作戦をしたときの写真をいただきました。北島町では9日19日29日と9条の9のつく日にプラスター作戦をしているんです。長く続けることが力になるんですね。北島町の後援会のみなさん、お疲れ様です。

今夜はここまでにします。明日は30日。4月もとうとう終わりです。終わりよければすべてよし・・・。ステキな一日になりますように・・・。

では、みなさん、ごきげんよう。おやすみなさい。

 

【おまけ】

藍住町に市田さんがやってくるぞ~!

東京レインボープライド2014

差別はやめよう!一緒に生きよう!自分らしく生きよう!

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。昨日の日曜日、東京で大きなイベントが開催されました。「東京レインボープライド2014」です。同性愛者などの性的マイノリティが差別や偏見にさらされることなく当たり前に生きていける社会をめざして開催されたこのイベントには1万4000人が参加しました。

東京代々木公園では、恋人や友人、仲間とともに音楽やダンス、パレードを通じて「生と性の多様性」を祝福しました。渋谷や原宿では3000人がパレードをしました。

東京レインボープライド2014

今朝の赤旗日刊紙には写真入りで記事が書かれています。ぜひ読んでください。ネットのほうでは残念ながら紹介がされていません。なんでやねん!中央委員会さん、赤旗さん、こんな行事こそ、ちゃんと紹介していただかないといけません。赤旗がますますおもしろくなるし、赤旗を読まなけれは本当の今がわからない・・・っていつも私は言っているんです。ね・・・、だから、これは紹介するべきだったでしょ?

赤旗の今日の主な記事はここからどうぞ!

私の信条は「弱いものいじめを絶対に許さない!」です。弱い立場の人間を虐める今の世の中は絶対に許せません。消費税もそう、年金もそう、学費もそう、雇用もそう、何もかもそう・・・。若い人からお年寄りまで、寄ってたかって虐める、今の政府はあかんですよ。変えないと駄目です。

就職できないのは自分が悪いんだ・・・と自殺をする若者が増えているんだそうです。悪いのは君じゃないよ、政治が悪いんだよと・・・・言ってあげたい。今、悩んでいる人、いっぱいいると思います。あなたは悪くない、悪いのは政治。政治を一緒に変えていきましょう。私たちと一緒に世の中を変えていきましょう。

悩んでいることがあったら遠慮なく私に声をかけてください。いつでも電話してきてください。一緒に悩んで、一緒に考えて、一緒に頑張っていきましょう。

今夜はここまでにします。みなさん、明日もまた素晴らしい一日でありますように・・・。全ての人に感謝して。おやすみなさい。

ミュージカル「見上げてごらん夜の星を」がいよいよ来月、徳島に来る!

イッツフォーリーズ公演~ミュージカルこそわが人生

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。私は昔からの演劇青年だったという話は何回も書きました。ミュージカルが大好きで、ミュージカル俳優だったという話も書きました。・・・いえいえもちろんアマチュアなんですが(笑)

来月5月、楽しみにしているステージが徳島にやってきます。「見上げてごらん夜の星を」です。以前、12月の日記にも同じタイトルで書いたように記憶しておりますが、何度書いてもいいです。ミュージカル・・・大好きです。

徳島市民劇場の例会です。5月12日(月)夜公演。13日(火)昼公演。14日(水)は鳴門市で夜公演。私は12日に参加の予定です。みなさん、心の栄養が大事ですよ。公演の問い合わせは徳島市民劇場までどうぞ。(088-653-1752)

今夜は宿直です。さっきカップラーメンとたこ焼きとおはぎを2個、食べました。食べ過ぎたあ~!!さ、今夜は早く寝るかな・・・。どなたさまも、ごきげんよう、おやすみなさい。

 

【おまけ】

今朝の赤旗(主張)から記事を紹介します。

この夏の電力需給

「原発ゼロ」実現へ条件生かせ

この夏の電力需給が、全国48基の原発がすべて停止したままでも「不足」を回避できる見通しであることが、経済産業省の調査で明らかになりました。原発再稼働に動く電力業界やそれを推進する安倍晋三政権の口実を掘り崩すものです。東京電力福島第1原発の重大事故も収束していないのに、原発再稼働へ動くこと自体許されません。「原発ゼロ」実現への条件を生かし、原発は停止したまま再稼動せず廃止に向かうべきです。

「3%」の余力を確保

経済産業省が明らかにした発電能力と電力需要を比較したこの夏の電力需給見通しによると、全国の原発が停止したままで再稼働していない前提でも、供給予備率は北海道、東北、東京の東日本3社で合計6・1%、電気の周波数が違う西日本の中部、関西、北陸、中国、四国、九州の6社で合計3・4%となっています。供給予備率が最も低いのは西日本の関西と九州ですが、電力に余裕がある東日本からの融通を計算に入れれば、安定的に電力を供給できる「3%」を確保できる見通しです。

3年前の福島原発事故後、定期点検などで相次いで停止した原発は昨年の秋以降、全国で1基も運転していません。原発が停止したままでも、この冬の電力は賄えました。それに加え、昨年夏は運転していた関西電力の大飯原発(福井県)が停止したままなのに、この夏も電力が賄える見通しです。原発は再稼働させず、すべて停止したままでも電力が賄えることを証明したのは明らかです。

にもかかわらず、電力業界や財界団体は、「電力不足」や「再値上げ」の「懸念」を持ち出して原発再稼働に懸命です。なかでも声高なのは関西電力が中心になった関西経済連合会(関経連=関電会長が関経連会長)や九州電力が大きな影響力を持つ九州経済連合会です。しかし、関電や九電が電力供給に余裕がないのはこれまで原発への依存度が高すぎたからで、利用者につけ回しする前にまず原発依存を反省すべきです。

しかもその関電や九電でも東日本からの融通で電力を確保できる見通しです。電力会社がお互いに電力を融通しあうのは当然のことで、原発を再稼働しなければ電気がとまるようにいうのは成り立ちません。天然ガスなどの火力発電を増やせば経営を圧迫するなどというのは、地域独占で大もうけを続けるための勝手な言い分です。

安倍政権がこうした電力会社の主張にこたえて原発再稼働に前のめりになり、まず九州電力の川内(せんだい)原発(鹿児島県)の再稼働に向けた審査を優先的にすすめようとしているのは問題です。川内原発は事故が起きた場合の福祉施設からの避難計画が整っておらず、再稼働は文字通り国民の安全より企業のもうけを優先させたものです。

再稼働支持は国民の少数

安倍政権が「エネルギー基本計画」で原発を「重要なベースロード電源」と位置づけ、原発の再稼働に前のめりの態度を示しても、国民の間では再稼働を支持する声は少数です。「毎日」の調査(21日付)では原発を続けることに「賛成」が36%で「反対」が55%、「日経」の調査(同日付)でも「賛成」が32%で「反対」が55%です。

原発は再稼働せず停止したまま廃止に向かってこそ、こうした国民の声にもこたえるものです。

【おまけのおまけ】

美波町議選挙、日本共産党「中川なおき」4位当選です!!

徳島県美波町はいいところですね~!

だからこそ日本共産党の議員がひとりは必要です!

日本共産党の手塚弘司です。今日は朝から美波町議選挙の応援に行っていました。美波町のあちらこちらを街頭宣伝してまわりましたが、いいところですね、美波町。

中川なおきさん、必勝を祈ります。いよいよ明日が投票日です。

午前中は吉野川市議の岡田さんと一緒に街頭宣伝。午後からは牟岐町議の藤元さんと一緒に街頭宣伝。充実した一日でした。

岡田さんの遠く向こうに見えているのは薬王寺です。

下から見上げた日和佐城です。

下を見るとかわいいこんなものがあちらこちらに・・・。

公民館には避難タワーが・・・。中川なおき掲示板と一緒に・・・。

街頭演説の合間に海を見つめてホット・・・。

美波町から帰ってきて・・・

今夜は北島町の後援会のみなさんと、ボウリング大会です。来年の選挙は県議が手塚、町議が増谷・・・。みんなで頑張ろうと、ボウリングのボウルに思いを込めてピンに向かって投げました。久々のボウリングでした。スコアはボロボロ(笑)

北島町のみなさん、ありがとうございました。

さ、今夜はここまで。みなさん、おやすみなさい・・・。また明日

 

【おまけ】

今日、羽生結弦くんが仙台凱旋パレード 9万2千人が祝福だって!すご!