夜食にカレーうどん

俳優座 七人の墓友

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。

今夜は2ヶ月に一度の観劇の日。徳島市民劇場の例会でした。今夜の作品は劇団俳優座の「七人の墓友」でした。タイトルだけ見たら「暗いじめじめした作品かなあ・・・」って思っていたんですけど、明るい明るい!本当に楽しい舞台でした。

雑誌編集者の仁美はある日突然、実家の母・邦子にスカイツリーの展望台に呼び出される。飼い犬の桃太郎が死んだと言うのだ。死や人生についてしみじみと語る邦子に、仁美は母の心境の変化を感じ取る。夏、家族や友人が久しぶりに顔を揃えた実家で、ひょんな諍いから邦子は夫・義男への積年の不満を爆発させ「あなたと同じお墓には入りたくない」と口走ってしまう。さらに海外在住の仁美の弟・義明が驚くべき告白をし一家は大騒動に。
そして邦子は地元のファミレスでやがて「墓友」となる個性豊かな老人たちと出会い…。

七人の墓友 七人の墓友・・・ 七人の墓友!

2ヶ月に1回は文化にふれないとね。演劇は心の栄養ですもの。みなさんもぜひ、お近くの市民劇場へ入会して心の余裕を持ちませんか。会費は月2500円です。

徳島市民劇場 088-653-1752

鳴門市民劇場 088-684-1777

次回の例会は・・・。劇団銅鑼の「からまる法則」です。

からまる法則

これまた楽しみです。5月16日・17日。鳴門は18日です。

例会の後、事務所へ帰ってきまして、今夜は宿直です。夜食にカレーうどんを食べてしまいました。体に悪いと思いつつも、おいしかった~(笑)

夜食にカレーうどん

では、今夜はここまでにします。おやすみなさい。


カテゴリー: 未分類   作成者: てづかこうじ パーマリンク
てづかこうじ

てづかこうじ の紹介

●1961年生まれ ●1979年県立板野高校卒業・鳴門信用金庫入庫 ●1980年劇団ほじゃなを結成  藍住子ども劇場運営委員長、日本アマチュア演劇連盟理事、徳島演劇協会副会長  鳴門信用金庫職員組合委員長などを歴任 ●2003年徳島信用金庫を退職  日本共産党の専従に  現在、日本共産党徳島地区委員会副委員長  2015年の県議選挙に板野選挙区から立候補

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">