心をつなぐ10円玉

八代亜紀 こころをつなぐ10円玉

遠い昭和のことだけど、今も私の宝物

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。8月も終わりです。いよいよ明日から9月になります。子どもたちは夏休みが終わって学校が始まる。この時期、子どもたちの自殺が一番多いんだそうです。学校に行くのが死ぬほど嫌なら、行かなくていいんだよって教えてあげたいです。長い長い人生のうちのほんのちょっとの時間、遠回りしたっていい。立ち止まっていたっていい。命を大事にしようよ。せっかくこの世に生まれて、人間はいつかは死ぬんだから、急がなくたっていい。

ゆっくり、のんびり、ゆったり、ぼちぼちと・・・。

私は今、55歳になります。人生の半分以上がもう終わっています。いつ死ぬかはわかりません。もしかしたら、明日にも死んでしまうかもしれない・・・・。だから毎日、精一杯生きなきゃって思うんですよ。私は、今、とってもしあわせです。

タイトルは八代亜紀の歌です。赤旗まつりで亜紀ちゃんを見て、この歌を初めて聞きました。「死ぬな、死ぬな、死んじゃいけない。苦しいときは電話をかけてこい」

ヒットしなかったけれど、いい歌です。ぜひ聞いてください。そして、今、死にたいって思っている人がいたら、ちょっと深呼吸。生きていたら、きっとすばらしい未来が待っているはずだからね。

遠い昭和のことだけど

昨年の8月、鎌倉市の図書館のつぶやきがネットで話題になりました。すばらしいと思いました。あれからもう1年なんですね。

もうすぐ二学期。学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。マンガもライトノベルもあるよ。一日いても誰も何も言わないよ。9月から学校へ行くくらいなら死んじゃおうと思ったら、逃げ場所に図書館も思い出してね。

今日は月末の水曜日。かなり忙しかったです。私は出張所の部屋に閉じこもったまま、機関紙業務。夕方には日曜版が事務所に到着。今、やっと落ち着いてパソコンに向かっているところです。今夜は宿直です。では、みなさん、おやすみなさい・・・。

明日は今日よりきっといい日です!

【おまけ】

男はつらいよ 八代亜紀


カテゴリー: 未分類   作成者: てづかこうじ パーマリンク
てづかこうじ

てづかこうじ の紹介

●1961年生まれ ●1979年県立板野高校卒業・鳴門信用金庫入庫 ●1980年劇団ほじゃなを結成  藍住子ども劇場運営委員長、日本アマチュア演劇連盟理事、徳島演劇協会副会長  鳴門信用金庫職員組合委員長などを歴任 ●2003年徳島信用金庫を退職  日本共産党の専従に  現在、日本共産党徳島地区委員会副委員長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">