美空ひばり 一本の鉛筆

「幼かった私にもあの戦争の恐ろしさを忘れることができません」

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日は美空ひばりさんの命日です。タイトルに書いた「一本の鉛筆」は1974年に発売された曲です。第1回広島平和音楽祭で歌われました。「幼かった私にもあの戦争の恐ろしさを忘れることができません」この言葉は彼女がステージの上から観客に向かって投げかけたメッセージです。

今、安倍政権が戦争へ戦争へと向かう時、もう一度この曲を聴きたくなったのです。美空ひばりさんの命日に・・・。

美空ひばり 一本の鉛筆

クミコさんもこの歌を歌っています。

クミコ 「一本の鉛筆」 

 

今夜も今朝の赤旗「潮流」から紹介します。

東京都議会で発せられたヤジが世界を駆けめぐる大問題となりました。「早く結婚したほうがいい」「子どもを産めないのか」。18日、質問中の女性議員に向けられた暴言の数々。だれが言ったのか。

昨日、ようやく自民党の都議が名乗りでました。この人物は事件発覚後、メディアの取材に「品のないヤジはよくない」としらを切っていました。あきれたものです。

当初、「わからない」と都議会自民党は幕引きをはかろうとします。ひっくり返したのは世論です。ネットを通じて、ヤジを飛ばした議員の処分を求める署名は23日までに9万人近く。都議会局には批判の電話が鳴りっぱなし。「たくさんで集計しきれない」(広報課)。

海外メディアにも波及します。米国のCNNが「怒りの声が高まっている」と伝え、大手の欧米紙も報道。都議会では超党派の女性議員が「セクハラであり、人権を侵害するもの」と議長に申し入れていました。

一気に広がったのは、ヤジが今の政治の正体を示していたからでしょう。安倍政権の「女性が輝く日本へ」のスローガンはかけ声だけです。働く女性の4割が200万円に満たない年収(国税庁調査)。保育所が少なく、出産前後に半数以上の女性が職を離れざるをえないのです。

ヤジは複数の自民党議員によって増幅し、周辺から笑いも起こりました。1人の都議の反省と会派離脱ですませていいのか。ヤジに抗議することは悪政をただして人間らしい営みを取り返す、たたかいでもあります。

今日の夕方は板野町を石田実町議と一緒に歩きました。たくさんの人に応援をいただきました。明日は藍住町を歩きます。藍住町のみなさん、よろしくお願いします。

明日の朝は定例の朝宣伝です。藍住町直道交差点で7時30分から8時30分まで1時間宣伝します。直道交差点をこの時間通るみなさん、共産党の宣伝カーと手塚弘司を見かけたら手を振ってくださいね。あ、いつも元気100%の古田元則県書記長と一緒です。

今夜はここまでにします。明日の早朝はサッカーですね。頑張ってもらいたいです。明日は今日よりきっと良い日です。では、おやすみなさい・・・。

若者の定義は? 手塚弘司にも20代があった!

1980年2月に劇団ほじゃなを結成

この画像はある雑誌で紹介されたものです。懐かしい・・・。

左の下が私です。私の上にいるのが私の今の奥さんです。今の…というのは変ですね。ずっと私の奥さんですから(笑)

劇団ほじゃなの仲間と稽古場でふざけあっているところです。みんな今は50代ですから。出会いと別れを繰りかえしながら私も53歳になりました。

稽古中の私です。もちろん20代です。この写真を見て誰かが、いのっちに似てる・・・と言ってくれました。それはかなり嬉しかったです。

 

板野町を歩く!嬉しいこともいっぱい!

みなさん、こんんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日は板野町をIさんと一緒に歩きました。「あんた、見た事あるな、前も出とった人じゃな」「応援するでよ、頑張ってな」「私は昔から共産党が大好きなんよ、ずっと応援しよるけんな」いろんな人と出会います。

昔からずっと共産党が大好きだという〇〇さん。「ぜひ共産党に入ってください。〇〇さんのような人に入ってもらいたいんですよ。一緒に仲間になってください」思わず、そう声をかけてしまいました。彼女はこう言いました。

「前にも誘われたことあるんよ。ほのときも断ってるんよ。応援はするけん」

また来ます。何回でも誘いますから・・・と別れました。

たくさんの仲間を増やしたいと思っています。訪問した先で天羽生美町議がミニ集いをしているところにお邪魔しました。ちょうどDVDが終わったところです。サインを今からするというところでした。「わあ、ありがとうございます。一緒に頑張りましょう。よろしくお願いします」そう言って固い固い握手を・・・。

新しい仲間が増えることは嬉しいです。もっともっと仲間増やし、頑張ります。

 

今朝の赤旗「潮流」から紹介します。

若者の定義は難しい。一般的には年の若い人たちをいい、10代後半から30代までを指すそうです。しかし、若さは年齢だけでは測れません。境界がみえない漠としたものを感じます。

今月、内閣府が公表した若者白書で気になる項目がありました。日本を含む7カ国の13~29歳までの男女を対象にした意識調査。諸外国と比べて日本は自分の将来に希望をもてず、自己を肯定的にとらえる割合も最低でした。

国や社会の行く末を悲観する若者も多く、自分の力ではそれを変えられないという、もどかしさも。そんなふうに描かれる今の若者たちが、自分たちの命と自由のために声をあげようと、日曜日に「若者憲法集会」を開きました。

集団的自衛権とは、表現の自由とは、憲法を生かすには―。都内各地での分科会や千人が一堂に会した全体会は学ぶ意欲や熱気にあふれていました。東京の大学に通う20歳の女性は「どうせ変わらないとあきらめないで一緒に考え、行動することが大切だと思う」。

雨上がりの夕方。渋谷の街中に生き生きとした声がこだましました。「戦争いやだ」「憲法守れ」。訴えに次々と反応する沿道の大勢の若者たち。わきおこる拍手、伸びるデモ隊の列。共感する同世代の姿が温かく、なんとも頼もしい。

今の若者は戦争体験者から直接、話を聞ける最後の世代。「命が粗末にされた時代を生きた人たちから託された平和のバトン。それを受け継ぎ、次の世代に渡したい」。未来への希望の光りがここにあります。

私にも22歳の時がありました。以前、徳島新聞の日曜ヤングというコーナーがあって、今もありますが、「今週の顔」というのに出たことがあります。このことは以前ブログに書きました。記事は恥ずかしいので紹介はしませんと書いたのですが、今夜はアップします。懐かしいです。読んでください。

始めてミュージカル公演をしたときの記事です。東京キッドブラザースの「オリーブの枝」を上演しました。生演奏で、ローラースケートを履いてのダンス、何もかも初めての挑戦でした。若いっていうのは無茶苦茶なことができるんですね。今はもうできません(笑)

うちの奥さんはこの記事を見て、劇場に舞台を観に来たそうです。この記事がきっかけで出会って結婚・・・・となりました。不思議なものですね。

この新聞記事の私は31歳になっています。

今夜は昔の私も知ってもらいたいと思ってブログを書きました。

今夜はここまでにします。みなさん、おやすみなさい。明日は今日よりきっと良い日になるはずです。ごきげんよう。

東京都議会セクハラやじ 女性蔑視に抗議が殺到

うやむやにしたらあかんと思うよ、これは

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日は機関紙業務に集中していました。夕方にはやっとメドがつきホッと一息。

夕方、結集会議があり、躍進月間をどうやりきるか、今月をどうするか・・・を話し合いました。目標も決めて頑張ることに・・・。目標が決まったら、半分できたようなモノ。あとは行動あるのみ。頑張るぜ!

夜も会議。やっと事務所に帰ってきて、遅い夕食を。カップ焼きそばとカフェオーレ。Dさんに見つかったら、またまた怒られる(笑)

頑張って日記を書いていたんですが、なぜか突然、全部消えてしまいまして・・・。ショックを受けています。で・・・かなり遅い時間になってしまいました。今夜は宿直。早く寝なければ・・・。

いったい誰がヤジを飛ばしたの?早く名乗り出ればいいのに。

議員として失格やね。人間としてもね。汚い言葉を使う人間を私は信用しません。他人を傷つける人間を私は許しません。

都議会は以前から汚いヤジが飛び交っていたようですね。前の石原都知事自ら汚い言葉を発する人でしたからね。だから私はあの人を信用していないし、大嫌いなんです。

今朝の赤旗の記事から紹介します。

18日の東京都議会本会議で質問中の女性議員(みんなの党)に対し、議員席から「早く結婚しろよ」などのヤジが飛んだ問題で、都議会局には「セクハラだ」「女性蔑視、許せない」などと批判・抗議する意見が全国から殺到しました。


議会局は集計断念

19日は夕方までに1000件余が寄せられ、20日も議会局職員は抗議電話の対応にてんてこ舞いでした。女性からの抗議が多く、「ヤジを飛ばした議員を特定して公表してほしい」という意見が目立ったといいます。

議会局広報課では抗議件数の集計作業を行おうとしましたが、正確に把握できなかったため、午後8時ごろに集計を断念しました。

終日、電話の対応に追われた職員によると「恐らく、昨日の1000件なみかそれ以上の件数ではないかと思う」と語りました。


“やじにニヤリ”舛添知事が否定

「聞こえなかった」

東京都の舛添要一知事は20日の定例記者会見で、18日の都議会一般質問で、質問中の女性議員に「セクハラやじ」が浴びせられた問題で「品位のないやじは断じて慎むべきだ」と語りました。

当日、やじの様子を記者席から見ていたという女性記者から「発言の後、笑い声が起きていて、何人か笑っていた。知事も笑っていたように映った」と問われると、「一言一句聞きもらさないよう、質問者の方をずーっと見てます。(女性)議員がにこっと笑ったので、私もつられて笑みを浮かべた、それだけの話」と否定。「答弁に集中していて、やじは聞こえなかった」と語りました。

明日は板野町を歩きます。板野町のみなさん、よろしくお願いします。

さ、今夜はここまでにします。明日は今日よりきっと良い日になりますよ。みなさん、おやすみなさい・・・。ごきげんよう。さようなら。

核兵器のない 平和で公正な世界のために

原水爆禁止2014年世界大会

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今朝は板野町を天羽生美町議と一緒に歩きました。住民のみなさんの率直な声を聞くことがとても勉強になります。

「貧乏人はどうあがいても貧乏人や。世の中、変わらんわ」

諦めている人のなんと多い事か・・・。

共産党が伸びれば必ず変わります。ぜひ応援してください!

 来年の4月には県議選挙。10月には町議選挙。板野町のみなさんの声をこれからもしっかり聞いて頑張ろうと思っています。

 

原発はゼロにしないといけません!

午後からは名古屋大学名誉教授の沢田昭二さんの講演会に参加しました。原発はいらない・・・。改めてそう思いました。毎週金曜日に徳島駅前で抗議行動を続けていますが、全国のそういう行動が大事なんだと思いました。

会場で売っていた「原水爆禁止2014年世界大会」のポスターを購入しました。今年は「はだしのゲン」なんですよね。おもわず、買ってしまいました。衝動買い。

きれいなピンクとブルーのタオルも買ってしまいました。早速、今度の金曜日行動に持って行こう・・・。奥さんにはブルー。もちろん私はピンクです(笑)

今朝の赤旗日刊紙「潮流」から紹介します。

きょうは夏至(げし)です。一年でもっとも昼が長く、夜が短い日。これから夏の盛りに向かい、日に日に暑さが増していきます。

今年、本格的な夏を前に強まるのは暑さだけではないでしょう。強権と翼賛の両輪でひた走る安倍政権と、国民とのぶつかり合い。激しさは増すばかりです。現実の政治と国民が望んでいることとの隔たりも、ますますひろがっています。

その姿をあらわにした通常国会が閉じます。平和憲法をひっくり返す戦争する国づくり。消費税大増税と大企業への大減税。安心を不安に変える医療・介護総合法、政治介入を許す教育委員会改悪法や改憲手続き法の成立。国の根本が揺るがされました。

ほかの野党が政権にすり寄るなかで、ぐっと存在感を増したのが暴走政治と唯一対決する日本共産党でした。悪法とたたかうだけでなく、ブラック企業を規制する法案や秘密保護法の廃止を提案。躍進した国会議員団が国民との共同で政治を動かしています。

「社会の主人公は私たち」。この間、悪政阻止に立ち上がる国民の声は列島に響きわたりました。連日の集会やデモでは多くの人びとが怒りとともに決意を口に。その思いにこたえるために、共産党は躍進月間にとりくんでいます。

特攻隊の要員だった87歳の党員は「若者を戦場に送るなと、いままた叫ばずにはいられない」。同世代に寄り添って、悩みや生き方をともに模索する若い党員。日本の将来を、希望を切りひらく運動とたたかい。さらに、熱く、ひろく、手を携えて。

今夜はここまでにします。明日は今日よりきっと良い日です。おやすみなさい・・・。

102回目の徳島金曜日行動 原発はどこにもいらんのじゃ!

元気に13人が行動!絶対に負けない!

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今夜は102回目の徳島金曜日行動でした。13人が集まって声を出しました。そっとカンパ箱にお金を入れてくれたご婦人がいます。ありがとうございます。

伊方原発を再稼動しようとしています。川内原発を動かそうとしています。大間原発は建設中です。困ったもんです。

原発はどこにもいらんのじゃ!

誰でもそう思っていると思います。

飛び入り参加自由です。みなさん、気軽に来てくださいね。

プラカードの数字を毎回、張り直しています。来週は103回。頑張る!

毎回参加している笹山さんと柏木さん。徳島金曜日行動の顔・・・のおふたりです。

山田豊さんもマイクを握ります。選挙の疲れもなんのその・・・。元気いっぱいです。

上村恭子さんもマイクを握ります。

四国電力まで元気にデモ行進。102回目のプラカードを撮そうとしていると、いつの間にか山田豊さんが入ってきまして・・・。この笑顔・・・。

来年の4月には、山田豊さんと上村恭子さんが徳島選挙区、そして私、手塚弘司が板野選挙区から県議選挙に立候補します。さあ!頑張りましょうぞ!!

みんなで声を出します。伊方原発再稼動反対!

 

板野町を石田実町議と歩く!

今朝は石田さんと一緒に板野町を歩きました。赤旗日曜版を持って紹介しながら歩きます。歩くと本当におもしろい。楽しくてしかたないです。人と会って話をするのがこんなに楽しいモノなのか・・・。

私は信用金庫で24年間勤務していました。ずっと得意先係として、バイクに乗って訪問活動をしていました。その時から、人と会って話をすることが大好きでした。18歳の時に初めて信用金庫に就職して、いきなり得意先係です。右も左もわからないまま外に放り出されました。その時にいっぱい勉強させてもらったんです。当時の経験が今に生きているように思います。

板野町で「頑張ってよ!」とたくさんの人に声をかけていただきました。明日も板野町を歩きます。明日は天羽生美町議と一緒です。

さ、今夜はここまでにします。今夜は宿直。早めに宿直室に入ります。睡眠不足はお肌に悪いですから(笑)

みなさん、おやすみなさい。明日は今日よりきっと良い日のはず!