リボンの騎士

リボンの騎士

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。リボンの騎士、大好きでした。サファイヤも好きでしたが、チンクがかわいかった・・・。で、これ、思わず買ったのね。これは缶バッジでは、ありません。お菓子なの。ゴーフル。

中身のお菓子が欲しいんじゃなくて、この入れ物が欲しかったのね(笑)

以前、ブラックジャックの同じようなお菓子を買ったのですけど、今度はこれ。

では、また。おやすみなさい・・・。

(メチャメチャ懐かしい。動画でどうぞ)

赤旗日曜版12月2日号

赤旗日曜版12月2日号

今週の赤旗もおもしろいですぜ、親分!

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日は朝からしとしとと雨が降っていました。夜になってもまだ降っています。今日は朝から事務所でバタバタ。そう、忙しい水曜日なのです。集金にも出かけたいと思いながら、今月はまだ集金に出かけられていません・・・。う・・・、辛い・・・。

さて、今日は日曜版が事務所に到着しました。今週もかなりおもしろいです。みなさん、お楽しみにね。

「ひと」は岩井俊二さんです。では、また後ほど・・・。

四月は君の嘘 全巻そろった!

四月は君の嘘 全巻そろった

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。「四月は君の嘘」の舞台を観て大好きになり、原作漫画を読んでいると以前書きましたが、ついに11巻全部そろえまして、読み終えました。舞台でも感動の嵐だっやのですが、漫画も泣きながら読みました。まだアニメ&映画は観てないんです。舞台があまりにも良すぎたからどうかな・・・って思ってね。

四月は君の嘘・・・

『ヒューマンメトロノームとも揶揄された正確無比なピアノ演奏』『幼少から数多くのコンクール優勝』そんな過去を持つ天才ピアニスト有馬公生は母親の死をきっかけにピアノの音が聞こえなくなり演奏から遠ざかっていた。公生を心配する幼馴染みの澤部椿や渡亮太と学生生活を送り新学期になった四月???  公生は同じ年のヴァイオリニスト宮園かをりと出会う。かをりとの日々はモノクロの心をカラフルに色付け公生の世界を変えてゆく。ある日、かをりはヴァイオリンコンクールのピアノ伴奏に公生を指名。再び鍵盤に触れたことで公生の中に新たな感情が芽生える。友人、ライバル、恩師と過ごす春夏秋冬は美しくも切ない嘘の物語を紡ぎ出す。「もうすぐ春が来る、君と出会った春が来る」

四月は君の嘘

四月は君の嘘・・・・・

やっぱ、舞台はいいな・・・。今夜は宿直です。おやすみなさい・・・。

劇団ほじゃなの仲間たちと

ほじゃな11

(20代前半の頃でしょうか。タウン誌で紹介された一部分です)

久々に集まって実に楽しい時間を過ごしました

ほじゃな

(ミュージカル「一番星みーつけた!」の一場面)

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。先日、久々に劇団の仲間が集まりました。1980年2月に結成した劇団は今年で38年。私が19歳の時でした。あっという間の38年です。毎年のように公演をしていました。藍住町の町民会館のホールで旗揚げ公演。徳島市の郷土文化会館の大ホールで何度も定期公演をしていました。毎年のようにメンバーは入れ替わりました。1年でやめる人。5年、6年と続けて頑張った人。舞台に立たずに裏方としてずっと頑張ってくれた人。

先日は「ほじゃな」が一番充実していた頃のメンバーが多く集まりました。懐かしかったです。私も20代に戻りました(笑)

ほじゃな10

(初めてのミュージカル、「オリーブの枝」22歳)

ほじゃな8

(徳島新聞のニチヤンの記事。公演当日に載せてくれました)

ブログの中で何度か「ほじゃな」の記事を書き、写真もアップしていますが、そのうちの何枚かを再度アップします。若いなあ・・・。いや、若いっていいなと思います。ただそれだけで素晴らしいと思いますね。

ほじゃな13 ほじゃな3 ほじゃな12 ほじゃな2

(第5回公演「ペルーの野球」から)

てづかこうじ・・・ てづかこうじ ほじゃな4

(第4回公演「オリーブの枝」より)

ほじゃな7

(31歳の時、高校生の役をした「スクール」の記事。徳島新聞より)

春の小川 ほじゃな9

(37歳の時、ゲイバーのママの役をした「春の小川はさらさらいくよ」の記事。徳島新聞の藤長記者が書いてくれました)

hojyana

(藍住町勤労青少年ホームでミュージカル「スポットライト」の練習中)

ほじゃな5 ほじゃな6

(初めての全国青年大会の舞台。「藍こなしの唄」、当時19歳)

昔の仲間と楽しい時間を過ごしました。たまにはいいもんですね。では、また・・・。

ブラックジャックサイダー

ブラックジャックのサイダー

飲んだらアッチョンプリケ!

みなさん、こんにちは!日本共産党の手塚弘司です。こんなサイダーを買って飲みました。ま、普通のサイダーと同じですが(笑)・・・大好きなブラックジャックのサイダーということで衝動買いしてしまいました。

ブラックジャックは実におもしろい漫画ですよね。手塚作品の中でも好きな漫画です。アニメも夢中になって見ていました。最近まで娘と一緒に見ていましたから・・・。

戦争の愚かさを描き続けた手塚治虫はすごいと思います。

わが思い出の記

では、また後ほど・・・。