いよいよ「世直し劇場」の幕開けです!

原発再稼働反対金曜日行動

原発再稼働反対の徳島の行動は私の原点です。絶対に諦めない!

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日は朝から夜まで政党カーに乗って板野郡内を駆け巡っていました。良いお天気で気持ち良かったです。街宣日和というんでしょうか。おもいっきりマイクから訴えました。自民党の安倍さんが怖いという話、消費税の増税は絶対に許さないという話、原発の再稼働は誰が考えてもおかしいという話、しっかり訴えました。

たくさんの人が「共産党、頑張れ!」と手を振ってくれる。その期待に応えなければいけません。手塚弘司は全力で走ります。

いつものように自己紹介もしっかりしゃべります。上板町の泉谷に住んでいること、板野高校を卒業したこと、18歳で信用金庫に就職したこと、劇団の話や子ども劇場の話も地域に合わせて話をしています。私とつながりのある、すべての人に私の事、「てづかこうじ」のことを知ってもらいたいし、思い出してもらいたいと思うんです。

風を見た少年 劇団あとむ

子ども劇場の例会で私が一押しの作品が、劇団あとむの「風を見た少年」です。たくさんの会員のみなさんと一緒に感動を共にしました。当時、一緒に舞台を観たみなさん、覚えていますか?子どもたちは、もう、お父さんやお母さんになっているでしょうね。

先日の決起集会の時の私の挨拶が動画になって、流れてしまっていますが、それを見てもらうことも、私と言う人間を知ってもらうことになるんだろうなと思います。恥ずかしいですけど、見てください。素直な自分が出ています。これが本当の自分だと思います。頼りなくて、情けなくて、どうしようもない男ですけど、これが「てづかこうじ」です。県議選挙の告示まであと少しです。頑張ります。

決起集会動画

今日、政党カーの運転手さんのOさんに言われてしまいました。「手塚さん、ますます、真っ黒に、真っ赤になってしまったな」と・・・。また奥さんに怒られてしまう。「日焼け止めを塗りなって言よんのに言う事聞かんのんやけん!」

桜②

私は1961年(昭和36年)の1月に生まれました。現在54歳。私は100歳まで生きたいと思っていますから、人生の半分が終わってしまいました。残りの半分、やりたいことをやって死んでいきたいと思います。さあ、「世直し劇場」の幕開けです。

今夜はここまで。おやすみなさい・・・。

父と私

父、貞夫と私です。徳島市昭和町の母の実家にて。

 


カテゴリー: 未分類   作成者: てづかこうじ パーマリンク
てづかこうじ

てづかこうじ の紹介

●1961年生まれ ●1979年県立板野高校卒業・鳴門信用金庫入庫 ●1980年劇団ほじゃなを結成  藍住子ども劇場運営委員長、日本アマチュア演劇連盟理事、徳島演劇協会副会長  鳴門信用金庫職員組合委員長などを歴任 ●2003年徳島信用金庫を退職  日本共産党の専従に  現在、日本共産党徳島地区委員会副委員長  2015年の県議選挙に板野選挙区から立候補

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">