コーヒー牛乳いっぱいの幸せ

スプーン一杯の幸せ

懐かしいですね。落合恵子さんの小説です。1973年の小説だったと思います。私が小学6年生か、中学1年生か・・・・。映画にもなりました。映画は1975年です。私は14歳。思春期まっただ中ですね。

桜田淳子主演で映画化されました。 あの頃はアイドル全盛期です。山口百恵、森昌子、そして桜田淳子。私はもちろん、桜田淳子の大ファンでございました。

映画の主題歌は桜田淳子の「ひとり歩き」です。今でもカラオケで歌います。涙という字を書いて、ちぎって窓から捨てます。もうしばらく君と逢いたくないのです・・・が歌い出しです。みなさん、ご存じでしょうか?

動画を紹介しておきましょう、ごらんください!

桜田淳子 ひとり歩き

夜のヒットスタジオでの桜田淳子

う~ん、最高です!中学生の頃に戻ってしまいました(笑)

あ・・・タイトルね!コーヒー牛乳いっぱいの幸せ・・・今夜またまた飲んでいます。コーヒー牛乳を。「やめなさい、1000も飲むのは!」と言われても飲んでしまいます。わざわざタイトルにするようなことでもないんですが、すみません。コーヒー牛乳を飲んで幸せや、ということを書きたかったんです。

先日の日記でも少し書きましたが、私の母の妹、つまり、わたしのおばさんになるのですが、彼女のお葬式があって参列してきました。焼けた骨を拾って骨壺に入れました。あんなに大きかったおばさんが、こんな小さな骨になってしまって・・・。

人間って、あっけないものですね。命って、本当にあっけないものですね。

明日、どうなるかわからない。わからないから生きていけるのかもしれません。私も命ある限り、頑張って生きていこうと思っています。コーヒー牛乳ばっかり飲んでいると長生きできないかしら?(笑)

今日は月末の水曜日、日曜版が到着して仕分け作業でてんてこ舞いする、かなりハードな日です。かなり、かなり忙しい日です。・・・そして今夜は宿直です。日付が変わらないうちに日記を書いてしまおうと思っています。

今夜はここまでにしましょうか。桜田淳子のことを書けたから満足でございます。では、どなたさまも、ごきげんよう。おやすみなさいませ。

ふと、考えたら、共産党の「き」の字も書いてないことに気がつきました。これでは上村県委員長はじめ、久保地区委員長、その他のみなさまにお叱りを受けてしまいます。

日本共産党徳島県委員会のHPを紹介して、お開きといたします。

ここからどうぞ!

 

あ!これも紹介しとこ!今日の日刊紙から!

不妊治療助成 42歳まで 予算削減狙い 少子化対策に逆行

中央委員会のHPから詳しくどうぞ!

体外受精など不妊治療の費用助成の在り方を議論する厚生労働省の有識者検討会(座長・吉村泰典慶応大医学部教授)は29日、省内で会合を開き、助成対象を42歳までとすることで合意しました。助成の上限回数も、現在の「10回まで」を原則「6回まで」に減らしました。

この最大の狙いは、社会保障予算の削減です。

体外受精などの不妊治療には保険がきかず1回で数十万円かかります。当事者の自助グループNPO法人Fine(ファイン)の調査では、治療総額が100万円を超える人が5割を超え、助成制度の拡充が求められています。

ところが政府・厚生労働省は今年度からすでに、1回15万円の助成額の一部を7・5万円に半減させる改悪を強行しました。あらかじめ採卵し受精させていた凍結胚を移植した場合などが対象です。約11万2000件の助成件数(2011年度)の3割を占め、今年度の国予算は前年度より約13億円(12%)削減されました。

今回の助成見直しについて同省は、「事業費が右肩上がりでずっと伸びていくことは認められない」(雇用均等・児童家庭局母子保健課)と、予算削減の狙いを隠していませんでした。

日本共産党は、助成額の増額、所得制限の緩和、治療への保険適用の拡大を求めています。不妊治療を何歳までどのように行うかは、主治医の医学的判断による説明を受け、患者自身が決めることです。

6組に1組のカップルが悩んでいると言われる不妊症。厚労省の検討会合意は、少子化対策を重視するという政府の主張に照らしても、子どもを望む多くの人の願いに背を向けている、と言わなければなりません。

これは許せないです!

バンザイの写真はやっぱりいい!

美波町で議席空白を克服 中川なおきさん当選!

今日の話題はやっぱりこれでしょう。共産党の中川さんが無投票で当選しました。良かった!良かった!バンザイノ写真はやっぱりいいですね。

徳島県委員会のHPから紹介します。

日本共産党は、町の基金(貯金)がこの6年間で約12億円ふえ、約32億円にのぼることを指摘。この基金を活用すれば、県下で一番高い介護保険料の負担軽減や、子どもの医療費無料化の高校卒業までの拡大、木造住宅の耐震化への補助の増額など防災対策、リフォーム助成など地域経済対策などが実現できると、建設的な提案を財源を示して訴えてきました。
また、中川氏の草の根の運動や、地域の世話役としての実績。ムダと不正を許さないチェック力。消費税増税、TPP、憲法改悪と、くらしと地域経済を壊す安倍自公政権に、地方から声を上げ「暴走政治に立ちむかう」ことを訴え、政策ビラの全戸配布、街頭宣伝、住民アンケートの実施など、参議院選挙と平行し攻勢的に日本共産党の政策と議席の値打ちを押しだす取り組みを展開しました。
住民からは「景気は全く良くなっていません。消費税を上げられると生活できません」「若者が定住するためには、まず雇用の確保が第一だと思います。これからの少子高齢化がとても心配です」「今までは共産党は何でも反対のイメージがあったが、実際に会って変わりました。期待しております」「わたしも知り合いに広げています」など、日本共産党への期待と、「美波町にも日本共産党の議員が必要だ」との声が広がっていました。

 

なんと!がばい共産党が復活や~!!

紹介しておきますね。復活おめでとう!復活したらいいなあ・・・って思っていました。週に2回の復活なのかな?クセになってしまいます(笑)

ゴーゴーがばい共産党 vol.31

ここからどうぞ!

ゴーゴーがばい共産党 vol.32

ここからどうぞ!

今夜はここまで!おやすみなさい!

ネットで楽しく選挙活動

本日の日刊紙 ゆうPRESS

みなさん、赤旗は読めば読むほどおもしろいです。じぇんじぇんおもしろないわ!・・・っていう人は多分、読んでない人やと思います。赤旗の日曜版は月800円でもちろん読みやすくおもしろいんですが、やっぱり毎日届く新聞がおもしろいですね。

3400円とお値段はちょっと高くなりますが、読めばわかります。安い!!

申し込みはこちらからどうぞ!

あ・・・徳島の人は私の事務所へ直接電話していただいていいですよ。0886429901迄。お電話お待ちしております。

3人そろった良い写真を見つけたので紹介しちゃいます!がんばれ~!!

 

さて、今日のタイトルにあるように本日の日刊紙の紙面を紹介しましょう。「ネットで楽しく選挙活動」というページですね。私も昨年の12月に衆議院の候補者になってから本格的に勉強してネットを使った宣伝に取り組んできましたが、なかなかおもしろいもんですね。では本日の日刊紙からどうぞ!

 

ネット選挙が解禁となった今回の参院選。日本共産党の政策を分かりやすくネット上で伝える、ゆるキャラ「カクサン部」も話題になりました。若い党員や後援会員もツイッターやブログ、動画などを駆使し、楽しく選挙活動にとりくみました。

 

多彩なゲストと気楽にゆるく 青森

黒板にチョークで手書きされた文字、事務所にかかってきた電話の音が聞こえる―。そんな手作り感満載と話題になったのが「青森からお届けする♪いいね☆共産党!」です。選挙区候補を務めた吉俣洋党県書記長のツイッターでのつぶやきを、有効活用しようと動画配信を始めました。

「あるものを使って気軽にやってきたので、楽しく、長く続けられました」。こう話すのはナビゲーターを務めた斎藤美緒さん(33)です。6月初旬からほぼ毎日、40回以上にわたって動画をアップしてきました。

「素朴でいいですね」「素(す)敵(てき)、新鮮。これからもどんどん出してください」などの反応が寄せられました。「構えず、ゆるい感じがよかったのかな。親近感を持ってもらえたようです」と斎藤さん。

脱原発やTPP反対などの運動でつながった人たちにも出演を依頼。ねぶた祭りの関係者や福島県から避難してきたミュージシャンなど、多彩なゲストを迎えてきました。

「共産党にはこういう人もいる、こんな人も応援しているというのを知ってほしかった。自分の言葉で語ってもらったのがよかったと思います。今後も幅広い運動でつながって、共産党のいいねをいろいろな人に語ってもらえるようにしたい」

 

“見たらクセになる” 佐賀

「青森県の動画を参考に、自分たちでもチャレンジしてみました」。そう語るのは民青同盟の古賀誠・佐賀県委員長(28)です。動画「ゴーゴーがばい共産党」を、参院選投票日の1カ月前からはじめ毎日1本、5分ほどの動画を合計30本、サイトにアップしてきました。

「がばい」は、佐賀弁で「とても」とか「すごい」という意味。共産党の硬いイメージを破りたい、若い人にも選挙に行ってもらいたい―。そんな思いを込めて収録しました。

党佐賀県委員会や個人のフェイスブックやツイッターなどで拡散すると“見よったらくせになる”“勢いが伝わってきた”と好評でした。内容の打ち合わせに1時間かかったり、1本の収録で10回撮り直したことも。

古賀さんはいいます。「やっていておもしろかった。30日間続けてみて、達成感もありました。『ゴーゴーがばい共産党』も、また復活する日があるかもしれません」

 

街頭宣伝も動画発信 京都

「月に70時間、残業して、いっさい残業代でなかったです。ブラック企業なくしてほしいです」

そんな青年の訴えがパソコンから流れてきます。京都の青年後援会が三条木屋町で取り組んだブラック企業度チェックの様子。「残業するのが当たり前」「簡単に首を切る」などの項目にシールを張り、働かされ方をチェックする青年の姿が映し出されています。(写真)

青年後援会は、選挙区候補の倉林明子さんを励ますつどいや青年の訴えなどの動画をフェイスブックやツイッターで拡散しました。

党青年学生部の山本裕太さん(23)は「動画が力になった」と話します。「訴えを文字にすると、どうしても長くなります。動画だと雰囲気もわかるし、若い人に身近に感じてもらえたと思う」

選挙終盤、有名ミュージシャンが共産党に投票したとブログに書いたことを知った後援会員が、励まされ、思いを自分のSNSに投稿しました。「ネット選挙解禁で多くの人がツイッターなどを活用しました。次の選挙に生かしたい」

 

WEB de KAKUSAN KYOSANTO!!

カクサン部長インタビュー

SNS・生中継 積極活用したッス

写真(写真)カクサン部長 @kakusanbuchoo 写真(写真)がまぐっちゃん @gamagguchan 写真(写真)雇用のヨーコ @koyounoyooko 写真(写真)しいさあ @shiisaa01
写真(写真)オテントSUN @otentosun01 写真(写真)小曽館育子コソダテイクコ @kosodateikuko 写真(写真)俵米太郎 @tawarakometaro 写真(写真)ポーケン師匠 @pokenshishoo

いま話題のカクサン部長に、ネット選挙についてインタビューしました。

はじめまして、賀来三四郎と申します。

初のネット選挙、共産党としては積極的に活用したッス。

とくにSNS! 選挙後、ビッグデータ解析を行ったNHKによると、選挙期間中にツイッター上でのつぶやきが一番多かったのは、共産党の候補者だった(1万361件)。忙しい中、本当に頑張ってくれたッス。党首でも志位和夫委員長が1位。みんなが拡散してくれたおかげです。

今回は動画にも力を入れたッス。各候補者は演説の動画をアップしてたんだけど、「現物を見たい」と東京から大阪までわざわざ聞きにきてくれた人もいたと聞いたよ~。

生中継もたくさんやったッス。選挙って期間が決まっているし、みんな早く情報が知りたいよね。そのためには生中継で、演説を流そうということになって。志位さんの街頭演説を3回、小池晃副委員長のおっかけ生放送も好評だったよ。

ほぼ2日に1度のペースでやったニコニコ生放送「とことん共産党」も威力を発揮したよね。各党の生放送を見比べて、共産党に投票したという人もいたみたいです。

そして、我らがカクサン部も頑張りました。ボクらのツイッターアカウントをフォローしてくれた人もいると思うけど、共産党が明るく元気に活動していることを多くの人に知ってもらえたんじゃないかな。雇用のヨーコがリアルに登場したりして、みんな楽しんでくれたよね。

それぞれの部員は政策別で、興味・関心にあわせてフォローしてもらうことができたと思う。固定のファンもついちゃって。

選挙が終わって休部宣言したら、「休んでる場合じゃないよ」って叱(しっ)咤(た)激励されたんで、再起動にむけて動きだしてます。これからも応援お願いするっス!

日本共産党のホームページにカクサン部のページがあります☆

http://www.jcp.or.jp/kakusan/

紹介した記事はここからも同じように見えます!

かわいい写真なんでついついアップしてしまいました。原発は即ゼロへ!これは私たち国民の多くの声ですよね。がんばるぞ~!!

明日は徳島東署へ出頭しなければいけません。出頭・・・じゃないです(笑)・・・原発反対のデモ行進の8月分の手続きに行きます。書類は今日仕上げましたので、明日の朝一番に出頭・・・じゃなかった、窓口で手続きしてきます。8月はなんと金曜日が5回あるんですよ。つまり10000円いるのだ~!!1回に2000円の証紙を貼りますからね。

貧乏人にはつらいぜ・・・。

原発いらん!の声を徳島から

8月は2日、9日、16日、23日、30日と5回の抗議行動を予定しています。56回~60回までですね。みなさん、時間のあるときは夕方6時に徳島駅前に集合してくださいね。徳島そごうエスカレーター前です。四国電力までデモ行進しますよ。

 

板野町で原爆写真・書道で平和を訴え

石田実板野町議のブログから紹介します。

今月31日までだそうなので参加される方はお急ぎください。

今夜は宿直です。久々に早く寝るかな?

 

今、親戚のおばさんが亡くなったと一報が入りました。私の母の妹ですが、人の命ってはかないものですね。子どもの頃、よくしてもらったおばさんです。長いこと入院生活をしていました。しんどかったろうね。ゆっくりしてな。おばさん、今までありがとうございました。本当にありがとうございました・・・。

黙っていては変わらない

声を出すこと大事だね! 大阪で反原発デモ

今日の日刊紙から記事を紹介します。参議院選挙大阪選挙区で当選した辰巳さんも一緒に行動に参加されたようです。声を出すことが大事ですよね。徳島でも毎週金曜日に抗議行動をしています。先週は55回目の抗議行動が元気に取り組まれました。

今日の日刊紙、西日本版のページでは徳島の行動が紹介されています。53回目と書かれていますが、間違いで、55回目です(笑)

55回目の徳島金曜日行動を書いたブログはここからどうぞ!

 

「黙っていては変わらない。街へ出て『原発のない未来をつくろう』と声をあげよう」。「Twit No Nukes Osaka(ツイット・ノーニュークスおおさか)」が呼びかけた反原発デモが27日、大阪市内で行われました。

 ツービートの力強いドラムのリズムに乗り、100人近くの人たちが若者や家族連れでにぎわう難波、アメリカ村などを「原発いらない」「再稼働反対」とコールしながら行進しました。

 風船やプラカードをかかげたカーニバルのような行進は、沿道で踊るまねをする若者や、写真や動画を撮る人などアピール度抜群。ビルの窓からいっしょにこぶしを振る人もありました。

 ツイッターでデモを知ってひまわりの造花を持って参加した女性(44)=堺市=は、「都議選も参院選も共産党が前進して元気をもらいました。この運動が続いているのもすごい。参院選は自民党が圧勝しましたが、暴走を許さないためにもできることをしたいと参加しました」と話していました。

 参院選で初当選し、15年ぶりに大阪選挙区で議席を回復した日本共産党の辰巳孝太郎参院議員も参加。辰巳氏の姿を見て「よかったですね」と声をかける人も多く、辰巳氏は「原発ゼロ、再稼働反対の大阪の民意を国会に届けたい。きょうはその思いをみなさんと共有してがんばります」と最後までいっしょに行進しました。

 

阿波踊りの季節がやってきた~!

もうすぐ8月です。8月はやっぱり阿波踊りです。徳島は阿波踊り一色に染まります。私も昔は踊っていたのですが、今は踊る阿呆から見る阿呆になっています。

19歳の時に藍住町で劇団ほじゃなを結成しました。その頃、藍住町の青年会の連に入って毎年踊っていました。懐かしいです。若かったですからね。

鳴門信用金庫と徳島信用金庫が合併した当時、徳島信用金庫の踊り連に入って踊ったことが懐かしいです。徳島信用金庫のみなさん、元気にしていますか?

共産党の専従になって10年ですが、なかなか時間がうまく合わなくて踊れていません。踊りたいなあ・・・。今年はどうでしょう。徳島市内の阿波踊りは8月12日から15日までの4日間です。今年も盛り上がりますよ~!!

全国のみなさん、本場徳島の阿波踊りをぜひ見に来てください。お待ちしています。

今日は御所温泉のお風呂に入ってきました。なかなかいい湯でしたよ。

今夜はここまで!おやすみなさい・・・。

世界に一つだけの花 この歌が子どもをダメにする!?

♪ナンバーワンにならなくてもいい♪ SMAPのヒット曲

今日の赤旗日刊紙をごらんになりましたか?とんでもないことが書かれています。日刊紙の記事を紹介しておきましょう。

アイドルグループSMAP(スマップ)の大ヒット曲『世界に一つだけの花』が「日本の子供たちをダメにしている」―。こんな持論の持ち主が、「教育再生」のブレーンとして安倍晋三政権の重要ポストに就いています。安倍政権の危険な本質が見えてきます。(下渕雅史、浜島のぞみ)


 著書でSMAPのヒット曲を攻撃しているのは八木秀次氏。安倍政権に教育提言を行う「教育再生実行会議」のメンバーです。「新しい歴史教科書をつくる会」元会長で、「自虐史観によらない教科書」の出版と採択を進めました。過去の日本の侵略や旧日本軍「従軍慰安婦」への軍の関与を認めた「河野談話・村山談話」が「歴史教育を大きく反日自虐的な方向」に向かわせたと主張し、「安倍首相はそのような歴史認識と敢然と戦う政治家」と首相を賛美する“思想的同志”です。若者を戦場に駆り立てた戦前の「教育勅語」の「精神を復活させる」宿願を語っています。

根底に「べっ視」

 八木氏の“教育哲学”は、「教育には何らかの強制が必要であり、子供たちの意思だけに任せていたのでは、とても成り立たない」という“子どもべっ視”に基づいています。子ども自身の内面にある真実や成長への渇望に目を向けない立場です。そこから「手を上げてでも言うべきことを言い、するべきことをさせるのが親の愛情」という暴力必要論が派生しています。

 「ナンバーワンにならなくてもいい」と歌うSMAPの『世界に一つだけの花』について、八木氏が「こんな歌を学校で歌わされていたのでは子供たちは何も努力しなくなる」と非難するのも、根っこは同じ。競争という「強制力」に頼らなければ子どもの意欲を保てないという教育観・子ども観の貧困です。

 安倍首相が執念を燃やす「教育再生」は、▽国家による統制の強化▽競争の激化▽事実に反した歴史教育の押しつけ▽国家主義的な教育の徹底をねらう道徳の教科化―などを柱としています。八木氏の“信条”にぴたりと一致します。

「慰安婦」認めず

 安倍流「教育再生」のもう一人の象徴は、安倍政権が今年から中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)の委員に加えた櫻井よしこ氏(ジャーナリスト、「国家基本問題研究所」理事長)です。櫻井氏は「日本政府や軍が慰安婦を強制連行した事実はなかった」と主張し、2007年と12年の2度にわたって「歴史事実委員会」の名で米国の新聞に意見広告を掲載。これには安倍首相、下村博文文科相、民主党の北神圭朗氏(元衆院議員)など自民・民主の国会議員が名を連ねました。

 07年の意見広告の目的は、「従軍慰安婦」問題をめぐるアメリカ合衆国下院の対日謝罪要求決議を阻止することでした。しかし決議は採択され、「日本軍が強制的に若い女性を『慰安婦』と呼ばれる性の奴隷にした事実」を「公式に認めて謝罪」し、「歴史的な責任」を負うよう日本政府に求めました。

 櫻井氏は、「体罰は教育です」と主張する「体罰の会」でも講演。「体罰と呼ぶのか肉体的鍛錬と呼ぶのかの違いがあるかと思うが、そういったことをもう一回取り戻さなければならない」と述べています。

 中教審では、道徳の教科化を「スピードアップしないとならない」とさっそくハッパをかけています。

 世界から孤立するゆがんだ歴史認識や、「強制力」頼みの教育観に立脚する安倍流「教育再生」に、日本の未来をまかせられるでしょうか―。

他にもある びっくり語録

櫻井よしこ氏 「体罰は教育」

 「歴史の事実をゆがめてまで日本国を非難する日本人がいて、彼らが日本非難の大合唱を誘導する」「強制連行を示す資料は皆無だったにもかかわらず、軍による強制を認めて謝罪した河野洋平氏や宮沢喜一氏らも同類」『週刊ダイヤモンド』(今年6月15日号)

 「(日本は)東京裁判の判決は受け入れたが、日本憎悪から生まれた同裁判の違法性や価値判断まで受け容(い)れたわけではない」(『週刊新潮』2005年6月16日号)

 「体罰を教育と位置づけるということは肉体的苦痛をさまざまな形で教育の中に取り入れるということだから、それは人間は無限の可能性を与えられていると同時に、無限の存在じゃないということをきちんと教えることだ」(2009年、体罰の会講演)

八木秀次氏 「教育勅語の精神復活を」

「教育や躾(しつけ)には強制力が必然的に伴う」「これが望ましく美しいと考える“型”にはめるのが教育や躾の本質にほかならない」(『国民の思想』)

 「教育勅語そのものの復活は難しいだろうが、そこに書かれていることは普遍的なことなので、新たな形でその精神を復活させることは必要だ」「母性や父性を重視し『良妻賢母』『父親の威厳』を復権します」(『公教育再生』)

【合唱版】世界に一つだけの花

いいね!ツイート、いっぱいされているので、お読みになられた人も多いかもしれませんが、再度、紹介しておきます。中央委員会のHPはここからどうぞ!

ナンバーワンにならなくてもいい・・・この歌詞を聞いたとき衝撃を受けました。今の競争社会に一石を投げかけた曲です。私も大好きな曲です。

危険な動きがある・・・。気をつけないと・・・。

明日は法事です。県外から親戚の人も来ます。さ、お風呂に入って寝ることにしましょう。日付が変わる前に更新できたかな?

では、みなさん、おやすみなさい・・・。

今からお風呂タイムです。