月末 集金 走る!走る!

鳴門の海

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日は2月最後の日、忙しい一日でした。もう明日から3月だもんね。赤旗の集金も頑張らないと間に合いません。今日は鳴門市を中心に端から端まで走りまくりまして、鳴門の橋近くまで集金に走りました。ふふふ・・・。

昼からは仕分けの作業。夕方には赤旗が到着。夜はお金の計算。で。今夜は宿直。で、外は嵐。すごい風なんですよ。大荒れのお天気。徳島と和歌山を結ぶフェリーは欠航です。明日の朝の新聞は大丈夫だと思うけど。

鳴門市大麻町姫田には姫田城があったんですね。集金の合間にパチリ。

姫田城

東林院でもパチリ。集金しながら鳴門の町を楽しんでいます。

東林院 東林院の奥で 原爆の火

原爆の火が燃えていました。

さ、今夜は宿直です。大好きな歌でも聴きながら寝ましょうか。ではまた明日。

竹島宏~想いで迷子~

原発再稼動反対!徳島有志の会

294回

294回連続の行動は13人で元気に!

みなさん、こんにちは!日本共産党の手塚弘司です。先日の金曜日は13人が集まりました。元気にデモもしました。デモの前に徳島東警察署へ行きました。3月に行動する金曜行動5回分の申請です。毎月1回の申請をしています。もう294回もやっていますから、東署の担当の人ともお友達になっています。

「寒いときは大変やけど、春になったらいいな」「寒そうにいつもしてるなあと車で横を通って帰るんでよ」「あれ、手を振ってくれんけん」「いや、邪魔したらあかんけんな」「来月は3・11から7年よ」「ほんまやなあ・・・」などなど・・・。

毎回2200円を収めています。道路使用許可申請に貼る証紙代金です。

「もう申請出さなくてもいいやろ」と言ったこともありますが、「はい、そうですね」とは言えないですものね。全国でもちゃんと申請しているんでしょうね。

さて、ツイッターやフェイスブックでは行動の様子を写真で紹介しましたが、ここでもアップしておきますね。

294 294 294・・ 294・・・ 294・・・・・ 294回!

では、また次回の更新まで。

君たちはどう生きるか

80年の時越えつなぐバトン

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日は3回目のご挨拶です(笑)まだ寝ていません。宿直室にもまだ入っていません。本日届いた赤旗日曜版を眺めていました。で、今週の「日曜ワイド」は「君たちはどう生きるか」です。以前の日記にもこの本のことは書いたように思いますが、なんとこの半年で漫画版が170万部を突破したそうです。原作の新装版と合わせると210万部だそうです。すごい!この本にこめられた思いとは・・・。

今週は本当に中身の濃い新聞になっていますね。申し込んでくださいね。中央委員会のHPからも申し込みOKですから。遠慮なくどうぞ。

赤旗 日曜ワイド

では、失礼します。また次回の更新まで。ごきげんよう。

今週の赤旗1面はやっぱ、羽生結弦

羽生

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日の午後は四国電力徳島支店へ要請書を持って9人で出かけました。「さよなら原発徳島実行委員会」のメンバーの一人に加えていただいて参加しました。「広島高裁の運転差止め決定を遵守し、伊方原発3号機の再稼動断念を求める要請書」を提出しました。

四国電力は伊方を止めても大丈夫なのに・・・。「廃炉」にすると言ったら株が上がるのに・・・。賢い電力会社になってほしい・・・。いつも金曜日に入口で訴えていますけど、今日は部屋の中に入って訴えました。

なかなか「やめる」とは言えないのでしょうけどね。本心はどうなのか?本当のところはわかならいです。苦しい辛い立場なのはわかりますけど。ま、トップが決断しないとね。トップが賢い人でないとね。

赤旗日曜版は月823円

あ、タイトルには「今週の赤旗1面はやっぱ、羽生結弦」と書きました。羽生結弦ファンのみなさんは今週の赤旗はゲットしてくださいね。お近くの共産党の事務所を探して買いに行ってください。今週号だけ買う場合は210円ですから。210円握りしめて事務所へGO!

3面には「競い合える友がいてこそ」ということで小平奈緒さんの記事も・・・。

17日のフィギュアスケート男子フリーは、羽生結弦選手(23)が同種目で66年ぶりの大会連覇を果たしました。その偉業と対照的な謙虚さが光りました。

「競い合う仲間がいて時代に恵まれた」と言って米国のネーサン・チェン(今大会5位)、中国の金博洋(同4位)、宇野昌麿(同2位)各選手の名前をあげました。新たなジャンプの挑戦を競いながら、競技の魅力を高めた仲間たちへの感謝の念が込められていました。

yudu

今夜は宿直です。ばたばたと忙しかった水曜日も終わろうとしています。明日は休暇をいただく予定です。1週間に1回は必ず休むと決意していますから(笑)

決意しなくても休まなきゃいけませんからね。では、みなさん、また次回の更新まで。おやすみなさい。(まだ寝ないけどね)

差額ベッド料 払わず済んだ

赤旗2月25日号

反響続々「日曜版で助かりました」

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日は水曜日です。赤旗日曜版が事務所に到着しました。1面トップにに大きな文字。差額ベッド料 払わず済んだ~反響続々「日曜版で助かりました」。

「治療上の必要」などで個室に入院した場合、高い差額ベッド料を払わずに済んだ・・・。日曜版の「お役立ちトク報」(昨年12月24日号)を読んだ人から、「私も記事を活用して差額ベッド料を払わずにすみました」とうれしい知らせが編集部に相次いで寄せられています。

う~ん、大反響なんだね。赤旗は役に立つよね。知っているのと知らないのとでは大違いです。私も以前、大学病院に入院したとき、部屋が無いからということと「治療のために」ということで個室に入りました。なんと1万円の部屋でした。払わなくても良かったのかも???

以前、母が入院したときも部屋が無いので数日間個室に入りました。高い部屋代を払ったように思います。今週の赤旗で紹介されている方は退院のときに事務担当の人に「赤旗」の現物の記事を見せて、聞いたそうです。結局は請求額が変更され、17日分の差額ベッド料、127000円が減額されたということです。6面7面でも特集記事が。

今週の赤旗は超お勧めです。小平さん、羽生くんの金メダル記事もカラーで掲載されていますから。毎週届いて1ヶ月823円はお得です。ぜひみなさんもお読みください。申し込みはお近くの共産党事務所まで。残念ながらコンビニにはありません。

では、またのちほど・・・。

赤旗2月25日号・・・