徳島金曜日行動29回目!私は死ぬまでここに立ちます!

29回目の原発再稼働反対抗議行動が終わりました。今夜も一番に来て一緒に準備をしてくれたのは佐古のNさんです。80才を超えて益々元気です。八万のAさんもバスに乗って到着。上板のTさんも遅れて参加。久しぶりの抗議行動への参加です。共に80才を超えて元気です。

Nさんは久々にマイクを握りました。「私は死ぬまでここに立ちます。死ぬ前の日まで抗議の声を出します!」

彼女の話は迫力があります。気迫が感じられます。

抗議行動が始まる30分前から彼女は待っていました。プラカードを持ち、旗を持ち、アピールする彼女。「Nさん、写真撮るでよ、こっち向いて!」と言うと恥ずかしそうにこちらを向く彼女。これからも一緒にいつまでも頑張ろうね!!

来週は30回目の抗議行動です。

 

今日は私の52回目の誕生日でした。まだまだ若いですよ。元気にこれからも頑張りますから、みなさん、よろしくお願いします。

今年はケーキを食べてないなあ・・・。今夜は宿直なんです。日付が変わる前に早めに寝ないと・・・。おやすみなさい・・・。

どんなきれいな唄よりも、どんなきれいな声よりも、僕を励ましなぐさめた、母ちゃんの唄こそ世界一

紅白歌合戦で美輪明宏が歌った「ヨイトマケの唄」、感動が感動を呼び、あちらこちらで話題になっているようです。私のブログでもメチャメチャ感動したということを書きました。今日は「全国商工新聞」の商売繁盛というページを紹介したいと思います。ここでも美輪さんのあのステージのことが書かれています。

 

昨年の大みそか、NHK紅白歌合戦で美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」を久々に聞きました。

建設労働者に交じって働き、子どもを育てる母親。やがて高校、大学へと進学し、エンジニアになった子ども。「苦労、苦労で死んでった、母ちゃん見てくれこの姿」「どんなきれいな唄よりも、どんなきれいな声よりも、僕を励ましなぐさめた、母ちゃんの唄こそ世界一」という歌詞と圧倒的な表現力に引き込まれ、左官の手間をしていた自分の母親の姿を思い浮かべていました。

高度経済成長を経験した母は、「中学校を出たら左官になれ」とよく言っていました。共産党員の父親はレッドパージされ日雇になり、全日自労(現・建交労)の仕事をしながら現場で働きました。62歳で他界しましたが、「金は天下のまわりもの」という歌を下手なりに歌っていた姿を思い出します。頼まれては断れず、保証人になって苦労もしました。「人並みに」と歯を食いしばり、働く母親。保育所もなく、幼い頃は現場に連れて行かれ、動き回る弟は「危ないから」と木に縛られていました。

あれから50年近くたちますが、家族のために「エンヤコラ」と力合わせて働く人々をたたえる歌声が中小業者を励まし、支える民商へのエールに聞こえてなりません。

(全国商工新聞1月21日号より)

 

詩人の柴田トヨさんが老衰のために亡くなったというニュース。92歳から詩作を始め2010年に初の詩集「くじけないで」を刊行。「くじけないで」は150万部を超えるベスタセラーとなりました。彼女の詩に感動して、心が洗われるような気持ちになったことを昨日のことのように思い出します。

何かを始めるのに年齢なんか関係ないんだということを教えてくれた柴田トヨさん。ご冥福をお祈りいたします。

 

 

歌謡シアター ラムネ~木綿のハンカチーフ編

今夜は地元、上板での新年会に参加しました。おいしいご馳走を食べながら、衆議院選挙の結果について話をしたり、次の参議院選挙ではこうやって、ああやって、こうしたらいいんや・・・と楽しい話もたくさんできました。

「手塚さん、参議院選挙も頑張ろうな!」

地元、上板のみなさんは元気です。議席を減らしたからと落ち込んでなんかいません。もう次を見て走り出そうとしています。私も、もう候補者ではなくなりましたが、みなさんと一緒に再び頑張ろうと決意をしました。

 

18日は28回目の金曜日行動に参加しました。17人が参加して声を出しました。四国電力までパレードをします。思い思いのプラカードを持って歩きます。

「再稼働反対!再稼働反対!子どもを守れ!命を守れ!」みんなで声をあわせてコールします。徳島駅前にいる人たちはジロジロと見る人ばかり・・・。一緒に歩いてくれたらいいのに・・・と思うけど、そううまくはいきません。

いつも歩く商店街の店の中から、店番のおばあさんがにっこり笑いながら頭を下げてくれます。「ありがとう!」そう声をかけて歩きます。毎週毎週、金曜日には行動していますから、待っててくれているような・・・。

来週は29回目の金曜日行動。原発ゼロまで頑張ります!徳島駅前に午後6時、みなさん集まってください。

画像は古田元則さんのHPから拝借しました。古田さん、いつもありがとうございます。

 

先日、以前録画していたミュージカルを久しぶりに見ました。「歌謡シアター ラムネ~木綿のハンカチーフ編」です。もう、最高に素晴らしい舞台です。70年代の歌謡曲をふんだんに使ったミュージカル。とにかく懐かしい。何度見ても感動するし、甘酸っぱい青春時代を思い出してしまう。見てない人には絶対に見てほしい。

 

昭和の時代に生きた一人の若者と一人の女性、そしてその二人を取り巻く友人達の物語。
歌謡シアターというのがぴったりと言い当てている舞台です。
克男としおりの恋愛関係を軸にその周りの人間関係や取り巻く社会を当時のフォークソングや歌謡曲を織り交ぜて構成されている舞台です。

「ラムネ」は昭和40年代、地方の学校で青春時代を過ごした若者がミュージシャンを目指して上京するというストーリー。当時、流行った歌をミュージカル曲として採り入れ、観客が思わず口ずさみ、大人への入り口に立ったあの頃の思いを共有できる舞台になっています。「ラムネ」というタイトルには、郷愁やなつかしさという意味がこめられています。

画像は小西遼生くん&松田沙紀さん

大きな夢を抱き、東京へ向かう若者と、田舎に残された大切な人とのすれ違いを、「木綿のハンカチーフ」(太田裕美)をはじめ、「学園天国」(フィンガー5)、「ハートのエースが出てこない」(キャンディーズ)、「ペッパー警部」(ピンクレディー)、「初恋」(村下孝蔵)、「東京」(マイペース)、「五番街のマリーへ」(ペドロ&カプリシャス)など懐かしい歌謡曲を交え描きます。出演は、小西遼生、松田沙紀、東山光明、エンレイ、竹田侑美、野添義弘、植木豪(PaniCrew)、麻生かほ里です。

 

私がまだ少年だった頃の歌ばかりです。懐かしいです。なぜか涙が出ます。

27回目の徳島金曜日行動は20人で元気に!

今夜は27回目の抗議行動でした。女子高生が飛び入りでマイクに向かって声を出してくれたり、小学生が近寄ってきてくれたり、元気に行動ができました。

寒かったけど、パレードも大きな声で元気よくできました。参加されたみなさん、お疲れさまでした。原発ゼロまで全国のみなさんと心ひとつに頑張りましょう!

今日の行動の様子(画像)は古田みちよ県議のHPで紹介されていますのでご覧になってください。例によって私はデジカメを持っていないので写真はありません。ええかげんに買えよ・・・って言われますが(笑)

 

欲しいものがあるんです。『山田洋次名作映画DVDマガジン』創刊号は790円です。毎週火曜日発売で創刊号は「幸福の黄色いハンカチ」です。欲しいなあ・・って思うんですよね。欲しかったら買えばええやんか!・・・って言われそうです。そうなんですが、全巻25シリーズありまして、1号買えば2号も欲しくなり、3号買えば全巻欲しくなり・・・。う~ん、買っちゃおうかな!

今週の赤旗日曜版に広告が載っています。(11面)

2号は「キネマの天地」、3号は「家族」、4号は「遥かなる山の呼び声」、5号は「学校」、6号は「故郷」、7号は「学校Ⅱ」、8号は「息子」、9号は「学校Ⅲ」、10号は「同胞」、11号は「ダウンタウンヒーローズ」、12号は「虹をつかむ男」・・・まだまだ続きます。私の大好きな山田洋次監督の作品ですから全巻ほしいです。

「虹をつかむ男」はご存じ徳島を舞台にした作品。ロケも見にいきました。実は私の妻は「虹をつかむ男」に出演しているのです。今から15年前です。懐かしい・・・。

学校は泣きました・・・

「十五歳・学校Ⅳ」は最高です!超おすすめの映画です。

では、また・・・。

 

徳島市の新春のつどいで「原発再稼働反対徳島駅前金曜日抗議行動」をアピール!

今日は徳島市の新春のつどいに顔を出しました。毎年恒例で行われている行事で、今年で18回目だそうです。すばらしい!市内の各地域の後援会のみなさんが手作りでお料理を持ち込みます。楽しい会でした。

その中で毎週金曜日に徳島駅前でやっている抗議行動の宣伝をさせてもらいました。ビラも配ったしアピールもしたし、次回の抗議行動にはたくさんの人が参加してくれるかなあ・・・。

今度の抗議行動は1月11日です。覚えやすいです。午後6時に徳島駅前集合です。みなさん、よろしくお願いします。27回目の抗議行動です。

 

今日の赤旗日刊紙の「読書・本と話題」のページに注目です。8面のトップで紹介されている「キッチンが走る!」です。NHKの番組なのでごらんになった方もいらっしゃるかとは思いますが、杉浦太陽くんの番組です。演劇評論家の矢野誠一さんが紹介しているのだが、う〜ん、見たい、読みたい、という気持ちになるんだね。おすすめですよ。

記事の一部を紹介すると・・・

NHK『キッチンが走る!』の杉浦太陽はただひとりの例外といっていい。名は体を表す見本のような爽快さが、真骨頂だ。

詳しくは本日の日刊紙をごらんになってください(笑)

杉浦太陽くんといえば辻ちゃんの旦那さんです。私は彼が注目された作品である「ウルトラマンコスモス」からのファンでありまして、今でも活躍してくれていることがうれしくてたまらないのです。

新日本出版社から1600円です。