村山談話をもう一度

みなさん、こんばんは!共産党の手塚弘司です。今日の昼間は印刷機に付きっ切りでした。昨日から泊りだったので、朝起きて、事務所のゴミを出して、NHKの「あまちゃん」を見て、朝食は食べずにコーヒー牛乳を飲んで、印刷室へ。

種市先輩との恋の行方が気になって気になって・・・。

さてさて、鳴門市で配布する「市民アンケート」と「議会報告」と「返信用封筒」との印刷です。今度の土曜日(31日)にはビラ配布の統一行動を予定しています。普段の日でも配布していますから、協力いただける方は連絡ください。

さて、今日、印刷が一段落してから事務所で学習の時間を少しとりまして、学習の友の別冊を読んでいました。「歴史の真実と日本の針路 2013年 09月号 」500円です。そこに、村山談話の全文が掲載されており、改めて読んでみました。今の自民党の安倍さんが認めようとしない村山談話。みなさんも、もう一度読んでみてください。

労働者教育協会のブログはこちらからどうぞ!

 

戦後50周年の終戦記念日にあたって

先の大戦が終わりを告げてから、50年の歳月が流れました。今、あらためて、あの戦争によって犠牲となられた内外の多くの人々に思いを馳せるとき、万感胸に迫るものがあります。
敗戦後、日本は、あの焼け野原から、幾多の困難を乗りこえて、今日の平和と繁栄を築いてまいりました。このことは私たちの誇りであり、そのために注がれた国民の皆様1人1人の英知とたゆみない努力に、私は心から敬意の念を表わすものであります。ここに至るまで、米国をはじめ、世界の国々から寄せられた支援と協力に対し、あらためて深甚な謝意を表明いたします。また、アジア太平洋近隣諸国、米国、さらには欧州諸国との間に今日のような友好関係を築き上げるに至ったことを、心から喜びたいと思います。
平和で豊かな日本となった今日、私たちはややもすればこの平和の尊さ、有難さを忘れがちになります。私たちは過去のあやまちを2度と繰り返すことのないよう、戦争の悲惨さを若い世代に語り伝えていかなければなりません。とくに近隣諸国の人々と手を携えて、アジア太平洋地域ひいては世界の平和を確かなものとしていくためには、なによりも、これらの諸国との間に深い理解と信頼にもとづいた関係を培っていくことが不可欠と考えます。政府は、この考えにもとづき、特に近現代における日本と近隣アジア諸国との関係にかかわる歴史研究を支援し、各国との交流の飛躍的な拡大をはかるために、この2つを柱とした平和友好交流事業を展開しております。また、現在取り組んでいる戦後処理問題についても、わが国とこれらの国々との信頼関係を一層強化するため、私は、ひき続き誠実に対応してまいります。
いま、戦後50周年の節目に当たり、われわれが銘記すべきことは、来し方を訪ねて歴史の教訓に学び、未来を望んで、人類社会の平和と繁栄への道を誤らないことであります。
わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に誤ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。また、この歴史がもたらした内外すべての犠牲者に深い哀悼の念を捧げます。
敗戦の日から50周年を迎えた今日、わが国は、深い反省に立ち、独善的なナショナリズムを排し、責任ある国際社会の一員として国際協調を促進し、それを通じて、平和の理念と民主主義とを押し広めていかなければなりません。同時に、わが国は、唯一の被爆国としての体験を踏まえて、核兵器の究極の廃絶を目指し、核不拡散体制の強化など、国際的な軍縮を積極的に推進していくことが肝要であります。これこそ、過去に対するつぐないとなり、犠牲となられた方々の御霊を鎮めるゆえんとなると、私は信じております。
「杖るは信に如くは莫し」と申します。この記念すべき時に当たり、信義を施政の根幹とすることを内外に表明し、私の誓いの言葉といたします。

外務省のHPに掲載されています。

 

さ!寝よ!

今夜は上板で会議でした。共産党の創立91周年記念講演をみんなで見ました。参議院に当選した8人の話はやっぱり感動的でした。頑張ろうという気持ちになりました。

明日も頑張るぞ~!

では、みなさん、今夜はここまでとします。おやすみなさい・・・。

 

おまけです~!

ゴーゴーがばい共産党 vol.36

結婚!結婚!・・・若いっていいなあ・・・。私も若いときあったんやで~!!

あ!・・・月曜から夜更かしが始まってしまった・・・。マツコが出てきてしまった・・・。早く寝なけれは・・・(笑)

 

今日も雨が・・・。鳴門市ビラ配布行動

朝から大雨が降っていたのだ~!

みなさん、こんばんは!共産党の手塚弘司です。朝から雨でした。ビラ配布行動の足が止まってしまいまして・・・。ううう・・・つらいですね。

そんな雨の中でも集まってくれたみなさん、本当にありがとうございました。昼からはちょっと小雨になって出かけることもできました。良かった、良かった・・・。

お昼はカレーライスをみんなで食べました。おいしかったです。差し入れしてくれたNさん、ありがとうございました。

鳴門市の市議選挙は11月10日告示、17日投票です。

上田公司鳴門市議のブログはここからどうぞ!

昨日も雨、今日も雨、私は雨男かも???・・・昔、劇団の公演といったら必ず雨が降っていまして、「代表の手塚が雨男やけん、いつも雨や、舞台セット運ぶのも大変やで!」と劇団の仲間からいつも怒られていました。

今度、31日の土曜日に再びビラ配布の統一行動を予定しています。また雨だったら、目も当てられんわ・・・。てるてる坊主をまた作っておこう!

 

きょうの潮流

福島第1原発の汚染水問題が深刻です。汚染された地下水の海への流出に加え、汚染水をためるタンクからの高濃度汚染水の大量漏えいが発覚。放置してきた安倍内閣も、やっと「東電任せにせず、国として対策を講じる」といいだしました。

東電のずさんな管理体制をみると、汚染水の海への流出は最初から「想定内」だったのではないかと思えてきます。タンクからの汚染水漏れのチェックは1日2回の巡視。急ごしらえのタンクにはまともな計測態勢もなかったといいます。

度し難いのは、タンクから漏れた汚染水を食い止める堰(せき)の排水弁をすべて開けていたことです。雨水が抜けるようにしていたというのが東電の言い分。しかし、それでは雨水ばかりか汚染水も漏れてしまうことは素人でもわかります。

東電の「確信犯」とも思える所業の数々。海は単なる「水」ではありません。プランクトンもいれば魚もいる、生き物の棲(す)む場所です。そして当たり前ですが海は世界につながっています。

日本がどういう態度をとるか。世界が注目しています。原発再稼働も輸出も、もはや論外です。政府は事故の「収束宣言」をただちに撤回し、日本の信用をかけて対応すべきでしょう。

それにしても何と危機意識の薄いことか。公開中の映画「少年H」のせりふが頭をよぎります。「今、何が起きてるんか、自分の目でよう見とくんや」。世の中が戦争の渦に巻き込まれていく中、少年Hの父親がHに諭す言葉です。時代状況は違いますが、今に通じます。

 

今夜は宿直です。早く寝ることにしましょうか・・・。夜ごはんはお昼のカレーの残りを食べました。おいしかったですよ、野菜カレー。野菜がいっぱい入った健康カレー。これで口内炎も治るでしょうか・・・。

昨日の夜、畑に転落して、左手を負傷しましたが、まだ痛いです。口は痛いし、手は痛いし、踏んだり蹴ったりの手塚弘司でございます。

では、みなさん、今夜はここまで!また明日、元気にお会いしましょう。おやすみなさい・・・。

 

おまけ

今日の赤旗日刊紙、西日本の ページに59回目の徳島原発再稼働反対金曜日行動の記事が載りました。写真も載っています。赤旗を購読している西日本のみなさん、見てくださいね。

まだ読んでいない人はここから申し込みできますよ!

この写真は8月2日のものです!

 

犬の散歩中に畑に落ちる!

雨の中、鳴門市でビラ配布統一行動

みなさん、こんばんは!畑に落ちた日本共産党の手塚弘司です。今日は一日中、雨でした。雨の中、鳴門市でビラ配布の統一行動でした。参加されたみなさん、本当にお疲れさまでした。明日もビラ配布の行動をしますよ。ぜひ応援に来てください。手塚まで連絡くださいね。いつでも、何時でもOKですから・・・。明日は雨が降らないことを祈りますが・・・。

そうそう、タイトルです。今夜、犬の散歩中に畑に落ちてしまいました。雨が降ってぬかるんだ畑ですから、どろどろになってしまいまして、左の中指と薬指を深く切ってしまい、血が・・・。なんともまあ、情けないかっこうで畑の中で転がっていました。

連れていた犬は何も考えてないのでしょう。私の顔をぺろぺろ舐めてくるし・・・。人の気も知らないで。そうですね、当然、知らないですよね。

散歩から帰ってお風呂に入りました。大好きな入浴剤を入れてゆったりと、のんびりとお風呂に入りました。今日の入浴剤は「秋田の乳頭温泉」です。気持ち良かった~!

明日もがんばりますか!では、みなさん、おやすみなさい・・・。

 

おまけ

24時間テレビで14歳の男の子が高校生の男の子たちと一緒にシンクロやるシーンを見た。感動した。映画を思い出した。

 

大雨と雷の中でも「原発いらん!再稼働反対!」

59回目の徳島金曜日行動!

みなさん、こんばんは!共産党の手塚弘司です。 歯磨きしたら真っ赤に血で染まるんですけど・・・心配無いでしょうか?以前、この日記でも書きましたがその時にもコメントをいただきました。「それはおかしいですよ、白血病とか、色々原因は考えられます。酷いようなら病院で検査された方がいいですよ。」と・・・。最近は慣れてしまって、洗面所が真っ赤に血で染まるのが普通になってしまっていますから、びっくりもしないんですが、ちょっっとね・・・。口内炎も治らないし、ちょっと様子を見てみましょう。

今夜は59回目の徳島金曜日行動でした。

 

原発いらん!の声を徳島から

この写真をみてください。雨が降る前に撮ってもらいました。向こうに見える青空がだんだん真っ暗になってくるんです。右側に、ぼ~っと写っているのは撮ってくれた人の指でしょうか?愛嬌です(笑)

いつも自分の画像が無いのが淋しいので、今日は抗議行動が始まる前に2枚、撮ってもらいました。指がぼ~っと写っているのは気になさらないでくださいね(笑)

雨の中14人が集まった~!

6時から抗議行動が始まりました。雨が降ってきました。このあと大雨が!そして雷が!みんなで急いで避難です。

エスカレーター下にみんなで避難をしました。大雨の中、ハンドマイクを使ってリレートークです。雨にも負けず、風にも負けず、雷にも負けず・・・。

リレートークが終わる頃には雨も小雨になり、「原発反対のマーチ」をみんなで歌ってからパレードに出かけました。四国電力徳島支店までデモ行進です。

久しぶりに参加をしてくれた福島から避難している女性、初めて参加をしてくれた鳴門市の青年くん。いつものメンバーも・・・。みんなで元気に59回目の抗議行動ができました。来週は記念すべき60回目です。ま・・・70回目も80回目もそのうちには来るんですけど、記念すべき通過点ですからね。

来週の60回目の抗議行動も頑張ります!

 

はだしのゲン・・・もっと注目されていい。

 

仁比そうへい徳島での報告会(動画)

19日に行われた仁比そうへい参議院議員の国政報告会の動画を紹介しましょう。徳島県委員会のHPからも見ることができますが、こちらからも見ることができます。22分にまとめています。どうぞごらんください。

仁比そうへい参議院議員国政報告会

8月19日、日本共産党徳島県委員会主催の「議席奪還・国政報告会」で、仁比そうへい­参議院議員が報告しました。会場のアスティとくしまには160人が参加。爆笑と拍手で­熱気あふれる報告会となりました。

 

さ、今夜はここまでにしましょうか。今日は宿直です。明日は鳴門市でビラ配布の統一行動です。雨が降らないように・・・・。てるてる坊主を作っておこうかな。

では、みなさん、おやすみなさいませ・・・。

「はだしのゲン」閉架撤回を

私は「はだしのゲン」は隠しちゃいけないと思います。かなり過激なシーンや言葉があることは確かです。しかし、嘘じゃありません。本当のことです。タブーとされる天皇の戦争責任のことにも触れてはっきりと書かれています。だからこそ、隠しちゃいけません。

本触れる自由守って 島根の民主団体

みなさん、こんばんは!口内炎がやっぱり治っていない共産党の手塚弘司です。昨日の日記で、少し良くなったみたいなことを書きましたが、気のせいでした。やっぱり痛いです。早く、口内炎が治りますよ~に!

今日の日刊紙の記事から紹介します。

島根県の新日本婦人の会松江支部や憲法改悪阻止県連絡会議、原水爆禁止県協議会、県平和委員会は21日、「はだしのゲン」閉架措置について、松江市教育長や同教育委員長あてに、撤回や閉架を決めた事実経過を明らかに、表現の自由などを求め申し入れました。

安部隆副教育長が応対。「申し入れは教育長、教育委員長に伝える」と回答しました。

参加者は「読んだ子どもは戦争の大変さを知ることができたと言っている。『はだしのゲン』を通して戦争の大変さ、平和の大切さを知ってもらうことは学校で続けてほしい」など訴えました。

子ども連れで参加した女性2人は「私たちの知らないところで、ごく一部の人の判断で見せなくしたことに怒りを覚える」「きちんとあった事実を伝えていけば子どもは理解し考えていく」と訴えました。

同日、島根県教職員組合も、同教育委員会に「はだしのゲン」閉架措置についての見解を手渡し、同市教委に閉架措置の撤回を申し入れました。舟木健治委員長、内藤武志書記次長が行いました。

見解では、「図書館の自由に関する宣言」にもふれ、宣言を尊重するならば閉架措置を改め、子どもたちが自由にふれられる自由を保障すべきだと要求しました。

 

藤圭子さんが亡くなった!

突然のニュースに言葉がありませんでした。何で?・・・って感じです。報道によると自ら命を絶ったと。何で死なないといけなかったのか・・・。つらいですね。

ご冥福をお祈りします。

生きていればしんどいこと、つらいこと、死んでしまいたいようなこと、たくさんありますね。でも死んだらあかんと思います。絶対に死んだらあかんと思います。生きていればきっと良いことがある。必ず、トンネルから抜け出せるときがくる。だから生きてほしい。生き抜いてほしい。

しんどい時は休めばいい。立ち止まってゆっくりすればいい。長い長い人生、寄り道いっぱいしたらいい。私はそう思っています。

今夜はここまでにします。みなさん、おやすみなさい・・・。

圭子の夢は夜ひらく  藤圭子