3月1日 演説会にぜひ来てください!

板野町羅漢できれいに咲いた花

板野町を歩いた時に撮影。

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日の午前中は演説会のある藍住町で街頭宣伝でした。林茂町議とFさんと一緒に、明日の演説会のお誘いをしながら街頭から訴えました。たくさんの人に来てもらいたいなあ・・・。

午後は板野町で演説会のお誘い。天羽生美町議と一緒に歩きました。

事務所では朝から3人がフル回転で電話で演説会のお誘いです。一生懸命にメモを見ながら電話をしている姿に感動しちゃいました!思わず後ろからパチリと・・・。みなさん、ありがとうございます。ん?ちょっと暗かった?

事務所で必死に電話かけ事務所で電話

明日は雨みたいです。私は昔から雨男なんです。演劇の公演の度に雨でした(笑)

お天気が悪いですけど、みなさん、来てくださいね。

3月1日(日)午後1時30分 藍住町民会館

仁比そうへい参議院議員がお話しします。

演説会

明日の私の持ち時間は15分。しっかりしゃべれるかな?みなさん、会場でお会いしましょう。今夜はここまで。おやすみなさい・・・。

原発を動かそうなんて、普通じゃないで!138回目の徳島金曜日行動

上板町で

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日の午前中は私の地元、上板町で街頭宣伝でした。きれいな菜の花が咲いていたので写真を撮りました。きれいな青空です。3月1日の演説会にみなさん、来てください!・・・と訴えながら走りました。

3月1日(日)午後1時30分から 藍住町民会館ホール

街頭宣伝が終わって昼食は地元、上板町泉谷にある「桜並木」へ。ここの食事は最高です。目で見ても楽しめるんです。地元の食材を使った新鮮な野菜。おいしかったです。ここは私のおススメのお店です。私の地元だから、宣伝するんやないですけど、ぜひ、どうぞ!

桜並木で昼食

138回、徳島駅前に立つ!

今夜は138回目の徳島金曜日行動でした。とにかく寒かった!風が強かった!でも、頑張った!参加したのは9人です。ちょっと少なかったけど、頑張って元気にデモ行進もしました。いつものように徳島新報記者の花岡さんが写真を撮ってくれました。花岡さんのフェイスブックから写真と文章を丸ごといただきました。ありがとうございます。

原発再稼働断固反対!

原発NO

徳島駅前にて

原発いらん!

元気にデモ行進

四国電力前にて

138回目の徳島の脱原発行動。
気温というより風がきつい。強風で旗が吹き飛ばされそう。なにより…寒い(>_<)。それでも続けるのだ、全ての原発がなくなるまで。…ということで今日はちょいと少なめの9人の参加でした。
リレートークでSさん(女性)は、福島第一原発で相次いで発覚した汚染水の流出問題にふれ、「去年の4月には基準以上の汚染水が流れ出ていることが分かっていたという。東電も原子力規制委員会もそれを隠して、対策もとらなかった」と批判し、「それでも安倍政権は、『汚染水はブロックされている』といい続けている。一体何を根拠に言っているのか」と憤りを示していました。
Sさん(男性)は、「私は人前で話すことが苦手です。でもこうやって立ち続けることはできる。今日で138回目。福島の人々、漁業者の人々に寄り添って私は立ち続けます」と訴えました。
行動をずっと見つめていた高校生は「やっぱり原発はない方がいい」とつぶやくように話していました。

今夜はここまでにします。明日の午前中は演説会の会場のある藍住町で街頭宣伝。午後は板野町を歩きます。みなさん、おやすみなさい・・・。

【おまけ】

新しいビラが明日到着します。これからジャンジャン、配布、頑張ります!金曜日行動の時に花岡さんが1枚だけ先に持って来てくれました。私の希望通りにバックはピンク、名前は赤。上村県委員長が作ってくれました。ありがとうございます。

新しいビラ てづかこうじ

「働く者の命守れ」 赤旗日曜版 3月1日号

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今週の赤旗日曜版がおもしろい。トップ記事は「働く者の命守れ」です。

赤旗日曜版3月1日号

過労死なんて絶対にダメです。死ぬほど働くなんて絶対にダメです。今の世の中を変えないといけないと思いますね。私は信用金庫で24年間、働きました。過労死するような働かせ方は無かったですけども、私が信金を辞める頃はかなりきつかったですね。休みは絶対に必要だし、時間の余裕、心の余裕、必要です。

今週の日曜版で残業時間の上限の法制化の話などが書かれています。志位委員長の予算委員会での国会質問(2月20日)、すばらしかったですね。

命を大切にすることが政治の仕事。私は命を守ります。だから原発の再稼働には絶対に反対です。明日は138回目の金曜日行動です。夕方6時に徳島駅前に私は立っています。プラカードを持って、ハンドマイクを持って・・・。

135回目の徳島金曜日行動!!!

原発は絶対に動かさない!

 

志位さんが雇用問題徹底追及
派遣法改悪 残業代ゼロ 大改悪やめよ

残業上限 月45時間 法制化を

法制化あれば夫死なずにすんだ
過労死でトヨタ社員の夫亡くした 内野博子さん

「夫は大企業に勤め残業がすごく、過労です。志位さんが提案した月残業上限45時間の法制化をぜひ」-。衆院予算委員会(2月20日)での志位和夫委員長の質問を見て党本部にそんな電話が。雇用問題にしぼって1時間39分。かつてない徹底追及です。その焦点を特集します。

赤旗の申し込み

今夜はここまでにします。3月1日の演説会にみなさん、来てくださいね。藍住町民会館ホールで午後1時30分からです。おやすみなさい・・・。

この写真は2年前の演説会です。やっと今日、演説会でしゃべる原稿を書きました。うまく伝わるかな・・・。頑張ります

演説会①

30年ぶりの出会い ミュージカル「オリーブの枝」

オリーブの枝 てづかこうじ

劇団ほじゃな 第4回公演 「オリーブの枝」

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。私が劇団を創ったのは、信用金庫に就職して1年たったころ、1980年(昭和55年)の2月です。名前は「ほじゃな」。公演をしなくなって、もう10年が過ぎましたが、今年、結成35周年となります。初めてのミュージカル公演は第4回目の公演、「オリーブの枝」でした。先日も書きましたが、ローラースケートミュジカル。歌とダンスとローラースケートの稽古。もちろん、芝居の稽古もあるのでとても大変でした。そうそう、生演奏だったので、そちらも大変だったんです。若いという事は無茶苦茶なことができるんですよね。今ならできません。絶対にしません(笑)

青年団の活動もやっていました。一緒に活動していた藍住町役場の若い職員のみなさんもたくさんスタッフに参加してくれて、みんなで創った作品です。だから「ほじゃな」は私が創った私の劇団というより、藍住町の劇団・・・って感じだったかもしれません。

オリーブの枝 みんなで歌を歌う

藍住町を拠点にして劇団活動をしていました

今日の午前中、藍住町をKさんと一緒に歩いたときのことでした。「オリーブの枝」という作品は東京キッドブラザースの作品で、子役が必要だったのです。藍住町で探しまくって、やっと見つけたのが「えみちゃん」でした。当時、多分、小学生だったかなあ・・・。そのえみちゃんのお父さんとお母さんに偶然会ったのです。

「手塚さん、その節は、送り迎えをしてもらって、本当にありがとうございました。頑張ってくださいね。必ず応援します。みんなに言っておきます」

「えみちゃんはお元気ですか?今はどちらにいらっしゃるんですか?もう30年以上、会っていません。道で出会ってもわからないですよね」

「娘は石井町にいるんです。手塚さんのことは伝えておきます」

「今日、お会いできて本当に嬉しいです。ありがとうございました。頑張ります!」

オリーブの枝 えみちゃんと

本当に嬉しい出会いでした。歩くと本当に出会いが楽しい。今度は劇団ほじゃなの創立のメンバーのお宅に偶然、訪問しました。「うちの妹が手塚さんと一緒に劇団してたよ。同級生やろ?」「あ・・・和ちゃんの?そうです。そうです!和ちゃん、お元気ですか?」「今は鳴門でおるんよ」「そうですか、またよろしくお伝えください」・・・こんな感じで。

今日は本当にいい気分で行動ができました。3月1日の演説会に参加してくれる人もたくさんできました。会場にいっぱい来てくれたら嬉しいなあ・・・。

えみちゃんのお宅へ訪問したことで、一気に昔に気持ちが返ってしまいました。今の私は20代のピチピチボーイの気分です。初めてのミュージカル「オリーブの枝」、ラストの私の長セリフ。今だったら覚えられないなあ・・・。こんな感じなんです。

10年前に俺が育てたオリ-ブの枝を折ったあいつに復讐するんだ。
あんたは俺が冗談をいってるんだと思っているんだろ。違うぜ。これは正真正銘の遅れてきた殺人なんだ。
10年前までおれは小豆島にすんでいた。島中にオリ-ブが生い茂って銀色の葉の照り返しを顔いっぱいに浴びて育ったんだ。日が沈むころになると海が真っ赤に染まり島全体がスペインから輸入されたメロンみたいに黄金色に満たされる。俺はただ、そこで生きてた。そして死ぬまであの島で生きてるだろうってそう思ってた。あの頃の俺って野生の絶滅する寸前の野獣みたいに生きていたんだ。
ある日あいつがいうんだ。東京に行こうぜ。こんな島に一生いたら退屈で死んでしまうよ。第一何も起きてないし、起こせない。
東京じゃ人間がギラギラって輝いていて俺達と同じような連中が戦争を始めるんだ。うすのろの大人達にオリ-ブの実をぶつけるより、もっと怒りを込めて、公民館でみたドサ周りのボクシングよりもっと本気になってみんな戦ってるんだ。島を出て汽車に乗って東京へ行こうぜ!
俺が黙っているとあいつはオリ-ブの枝を折って俺を殴りつけるんだ。
腰抜け!腰抜け!東京に行こうぜ一緒に!
そういって何度も殴り付けるんだ。
俺達は島を出た。一緒に暮らした。デモに行ったり絶対不発するとわかってる火薬を仕掛けたり、郵便局を襲う計画を練ったり。
だけど、何も起きなかったし、何も起こせなかった。
5年程してあいつと別れた。1ヶ月前に俺は急に思い出して3日かかってあいつを探し出したんだ。
まっ、こぎれいなアパ-ト。あいつ結婚してた。
3つになる男の子。あいつは酒を注ぎながらいうんだ。
「おまえもそろそろまともな仕事についたらどうだ?」
おれはその時オリ-ブの枝で打たれた痛みを思い出したんだ。
俺は突然タイムカプセルに乗ったみたいに10年前のあの太陽がギラギラッて照り付けた銀色の光の中に戻ってしまったんだ。
こんなことは誰もわかっちゃくれないだろう。
だが、ロ-ラ-スケ-ト場で、ほんの小さな伝説にしてくれよ。
おかしな奴がいたって。ド-ナッツショップで、格好の噂説にしてくれよ。

このセリフを一気にしゃべるのです。脚本の東由多加は長セリフが好きなんですよね。大変でした(笑)

東京キッドブラザース 「失われた藍の色」

失われた藍の色 東京キッドブラザース

さあ、今夜はここまで!おやすみなさい・・・。

 

【おまけ】

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

お勧めの本です。「なぜ、この人と話をすると楽になるのか」。ニッポン放送アナウンサーの古田尚記さんが書いた本です。コミュ障だった彼が書いた本。一気に読みました。おもしろいです。

古田直記

3月1日(日) 日本共産党演説会 よろしく!

赤旗号外!

赤旗号外

赤旗号外が到着しました!

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日の午前中は藍住町で街頭宣伝でした。Tさんと一緒に走りました。演説会の案内をしながらマイクを握ります。たくさんの人に来ていただきたいと思います。お時間のある方はぜひ、日本共産党の話を聞きに来てください。誰でも入場できます。もちろん、入場料は無料です。仁比そうへい参議院議員がお話しします。

3月1日(日)午後1時30分から 藍住町民会館ホールです!

午後は林茂町議と一緒に藍住町を歩きました。今日も楽しい出会いがいっぱいありました。私は板野高校の3年間、演劇部で過ごしました。あるお宅へ訪問したときのことです。私の名刺を見ながら、「手塚さん、板野高校だったでしょ。演劇部の先生の藤家先生は知りませんか?」と・・・。「はい!私、藤家先生にお世話になったんです。15歳の時から3年間、本当にお世話になった恩師です」

私が15歳。藤家先生は30歳。高校演劇の全国大会にも先生と一緒に何度も参加をしました。青森大会、千葉大会、神戸大会、大分大会・・・。連続して10年以上、夏休み、全国大会に参加しました。懐かしい思い出です。そんなことを思いながら藍住町を歩きました。

「手塚さん、頑張ってよ!応援してるからね!」

そう言ってもらえると本当に勇気100倍です。頑張ります。今夜はここまでにします。また、明日も元気にお会いしましょう!おやすみなさい・・・。

【おまけ】

夕方、訪問したKさんのお宅で珍しいものを見せていただきました。みなさんは、これ、なんだかわかりますか?Kさんに「これ、な~んだ」と言われても、全くわからなかったんですよね(笑)

これ、な~んだ?

わかります?ふふふ・・・。

これも見せてもらいました。昔の牛乳の瓶なんですって。私は知らないです・・・。

これ、牛乳の瓶です