メリークリスマス!

今日は12月24日、クリスマスイブです。みなさんのところには今年はどんなサンタクロースがどんなプレゼントを持ってやって来るのでしょう。世界中の人が幸せな気持ちでクリスマスを過ごせることができたらどんなに素敵でしょう。そうであってほしいと願うばかりです。

今日は板野町の生活相談所での餅つき大会に参加してきました。毎年恒例で行われている行事で、私は昨年に引き続き2回目の参加です。

たくさんの後援会のみなさんや近隣の支部のみなさんが参加してにぎやかに餅つきを楽しみました。少しの時間をいただいて衆議院選挙が終わっての挨拶をさせていただきました。みなさん、あたたかい言葉をたくさんかけてくださって感激しました。本当にありがとうございました。

私の携帯でへたくそながら写真を撮ったので何枚か紹介しておきます。

ピースする扶川県議と由美ちゃんです。

私も1枚ぱちりと撮ってもらいました。

昨日、今日と、早朝から準備されたスタッフのみなさん、参加されたみなさん、本当におつかれさまでした。

夜は娘が作ってくれた手作りケーキを食べながらビデオを見ました。ビデオのタイトルは「34丁目の奇跡」です。1994年の作品で、私は何度も何度も見ているのですが、今日はクリスマスイブということで再び見ることにしました。

ニューヨーク西34丁目にある伝統と格式を誇る老舗デパートのコールズは、営業不振からランバーク社長率いるライバル・デパートに買収されようとしていた。クリスマス恒例の感謝祭パレードで雇ったサンタクロース役のトニーが酒に酔って、イベント責任者のドリー(エリザベス・パーキンス)は困り果てる。そこへ白いひげの太った老人クリス(リチャード・アッテンボロー)が現われ、自分こそサンタクロースだと言い張り、観客の喝采を浴びる。彼女はクリスを雇う。パレードは例年以上の人気を集め、クリスマスセールのサンタ・コーナーを務めることにもなったクリスは、子供たちや親たちのクリスマス・プレゼントの相談に乗り、ほかの店の方が安ければそっちを教えてあげた。コールズの重役は慌てるが、実利よりもサービスを重視したクリスは大評判となり、コールズはクリスマス商戦で圧倒的な人気を集めた。数日後、ドリーの娘スーザン(マラ・ウィルソン)が母親のボーイフレンドである弁護士ブライアン(ディラン・マクダーモット)とクリスを訪ねてくる。彼女は母親からサンタは実在しないと教え込まれてきたが、ろうあ者の子供と手話で話す彼を見て本物のサンタではないかと思う。コールズの巻き返しに腹を立てたランバーグは、部下のダフ(ジェームズ・レマー)とアルバータ(ジェーン・リーヴス)に命じて、クリスをスキャンダルで陥れようとする。そんなこととは知らぬクリスは、スーザンから「クリスマスに一軒の家とパパと弟をプレゼントして」と言われる。ランバーグはクリスに仕事を奪われたトニーを雇い、彼に挑発的な嫌がらせをさせる。たまりかね、はずみで彼を殴ったクリスは精神異常者として病院に送られることに。「信じる心を失ったら、疑うだけの人生になってしまう」というクリスにドリーも反省し、ブライアンに助けてくれるよう頼む。彼は強制収容に意義を申し立て、聴問会を開くことを要求。ブライアンは病院にクリスを訪ね、「あなたはサンタだ。2人でサンタが実在することを証明しよう」と言う。ドリーも社長に掛け合い、コールズは社が一丸となってクリス救済のキャンペーンを展開。反響はすさまじく、クリス支持の声が各地で巻き起こった。いよいよニューヨーク中が注目する聴問会が始まったが、検察側のコリンズ検事(J・T・ウォルシュ)の執拗な攻撃に、クリスの立場は絶対不利に。いよいよ裁定が下されようとした時、スーザンはハーパー判事(ロバート・プロスキー)にクリスマスカードと1ドル紙幣を差し出す。判事は、紙幣に印刷された「我々は神を信じる」という文が赤く囲まれているのを見て、「アメリカ国民と政府が認めた紙幣に神の存在がしたためられている。よってサンタも存在する!」と言い放つ。意義は認められ、34丁目に詰めかけた大観衆から歓喜の声が轟いた。その夜、ブライアンはドリーに求婚し、街の教会で結婚式を挙げた。クリスマス・イヴの日。クリスの粋なはからいで、ふたりに新築の家が贈られた。スーザンは、残るもう1つの願いを楽しみに待つことにした。

感動的な映画です。まだご覧になってない方はぜひ!!

メリークリスマス!!

 

サンタクロースからの贈り物

徳島金曜日行動でサンタクロースになって頑張ったという話は前回しました。残念ながら写真がないのよね~と書きましたが、今日の赤旗日刊紙の西日本のページに記事と写真が載っています。「雨の中、元気よくパレードする参加者」とのタイトルで。かわいいサンタさん(もちろん私です)を西日本にお住まいのみなさんはぜひごらんになってください(笑)

日刊紙14面には総選挙後初の官邸前行動ということで初めて参加した人のコメントが載っています。

「原発にはずっと反対でした。でも自分が活動してもどうにもならないと思っていて、今まで官邸前行動には参加しませんでした。選挙で原発推進の党が議席をたくさんとって、何でそうなるのか分からなかったし、ショックで、今まで自分が積極的に動いてこなかったのを反省しました。何でもいいからちょっとずつ何かしなきゃと思って参加しました。自分のやるべきことを探している最中だけど、ここに来ることでなにか見えるんじゃないかなと思っています。社会を見つめて、自分のできることをやっていきたい。」

選挙の後、こうっやって、何でやろ?・・・って思っている人は多いはず。ますます私たちの活動は大事になってきますね。徳島での原発再稼働反対行動は大人数での行動ではないけれど、一度も途切れずに続けてやっています。今度の金曜日が25回目の行動です。28日の金曜日には新内閣も発足しているでしょう。官邸前では新しい官邸の主に向かって「再稼働反対」を叫びます。安倍さんへの初の「贈り物」だと今日の潮流には書いてあります。

サンタクロースから少し遅れたけれど、安倍さんへの贈り物です。しっかりと私たちの声、届けます!

徳島のみなさん、28日は今年最後の金曜日行動です。夕方6時、徳島駅前にぜひお越し下さい。

 

今日は朝から地区事務所でごそごそしていました。机の上で盛り上がっている書類の整理をしたり、新聞読んだり、コーヒーを飲んだり、機関紙の仕事をしたり、ごそごそと・・・。

明日は板野町で毎年恒例の「おもちつき」があるので顔を出してきます。福島の仮設住宅へ届ける「お餅」を今日と明日でペッタンペッタンするそうです。

今日は久々の宿直です。早めに宿直室に入ることにしましょうか。

 

 

雨の中、金曜日行動に16人が参加!

徳島駅前金曜日行動に参加しました。選挙本番中は参加ができなかったので3週間ぶりの参加でした。全国で毎週金曜日に行われている原発再稼働反対抗議行動。徳島は24回目の行動でした。先週は3人でプラカードを持って立ったとのこと。本当にありがとうございます。

私はサンタクロースになりプラカードを持ちました。選挙中はスーツにネクタイというスタイルだったのですが、金曜日はサンタクロース(笑)

やっぱり仮装は楽しいですね。次回は年末押し迫っての28日の金曜日です。原発が無くならない限りこの金曜日行動は続きます。政権が変わるとこの原発政策はどうなるでしょうか。再稼働を絶対にさせない!建設の再開を絶対にさせない!新しい原発を絶対に作らせない!私たちのこの運動がますます大事になってくると思います。まだ金曜日行動に参加したことないみなさん、ぜひお越しください。「原発再稼働反対!徳島有志の会」として誰でも自由に参加できるようになっています。共産党支持の人、社民党、公明党、自民党、民主党、みんなの党、維新、無党派のみなさん、誰でもOKです。

今日の赤旗日刊紙の1面に「震度6弱以上の確率発表」との記事が。徳島は・・・64.2%の確率で今後30年間に地震があると!!

原発はただちにゼロに!!

 

昨日の夜は板野町のSさん宅で「おつかれさん会」が開かれ参加しました。選挙で一緒に頑張ったみなさんとの顔合わせ。お鍋がおいしかったです。ありがとうございました。

これから連続して支部のみなさんたちとの「おつかれさん会」があります。次の参議院選挙に向かって新しいスタートの会になります。

阿波市のHさんに「お世話になりました」と電話をしました。選挙前に池光市議と一緒に訪問した時、お米をカンパしてくれたHさん。彼は「手塚さん、今回は残念だったな。けど、次回はいける!私も全力で応援するけんな。がんばってよ!」と言ってくださいました。Hさんだけでなく、たくさんの人から声をかけていただきました。感謝、感謝の連続です。

候補者活動から徐々に日々の仕事に戻らなければいけません。芋を切ったみたいに「はい!これまでよ!」とはいきません。もう少し時間が必要です。

 

画像は徳島駅前金曜日行動。古田元則さんと八万支部のSさんです。私のサンタクロースの画像が無いのが残念です(笑)

画像は古田さんのHPから拝借しました。いつもありがとうございます。

 

その昔・・・・・暗い、音のない世界で、1つの細胞が分かれて増えていき、3つの生き物が生まれた。

彼らはもちろん人間ではない。

また、動物でもない。

だが、その醜い体の中には、正義の血が隠されているのだ。

その生き物・・・・・それは、人間になれなかった妖怪人間である。

 

映画「妖怪人間ベム」を観た。

すばらしい映画だ。テレビドラマで放送されていた時も夢中になって見ていた。ベム役の亀梨和也が最高にいい。ベロ役の鈴木福がめちゃめちゃかわいい。ベラ役の杏がすっごくいい。つまり主役の3人がいいのだ。

幼いころ、毎週欠かさずに見たアニメだ。恐いので布団を頭からかぶって眼だけを出して見ていたのを思い出す。懐かしい。第1話が放送されたのが1968年10月7日だ。毎週月曜日、午後7時30分からの放送だった。

映画館では、何度も何度も涙を流した。

私たち人間が忘れてはいけないものがこの映画にはある。人間の愚かさを感じる。この映画を観て、私は心が洗われたように思うのだ。

ぜひたくさんの人に観てもらいたい映画だ。

特に政治家のみなさんにはしっかり観てもらいたい。そして、どうか心を洗ってほしいと思う。汚れてしまった心をどうかきれいにしてもらいたい。

大手電機メーカーが大リストラを計画している。パナソニックが40000人、ソニーが10000人、NECが10000人、シャープが10000人、東芝が3000人、富士通が2450人、日立が1600人。7社合計77050人だ。電機業界全体では13万人を超える。この7社は自民党に6850万円の献金をしている。

今朝の赤旗日刊紙の1面で詳しく書かれているのだが、妖怪人間ベム、ベラ、ベロたちがいたら、どう感じるだろう。きっと悪いやつらを懲らしめてくれるに違いない。

鳴門市議会で伊方原発再稼働反対の意見書を可決!

今日の夜は徳島革新懇の総会に参加しました。衆議院選挙をたたかった小選挙区の3人の候補者も久々に顔をそろえ、お互いに固い握手をしました。1区~3区まで、本当にたくさんのみなさんに支えてもらって選挙をたたかいました。徳島革新懇のみなさんにも大変お世話になりました。今夜も楽しい話もいっぱいしてステキな時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

今日の赤旗日刊紙の4面に、鳴門市議会が伊方原発の再稼働反対の意見書を賛成多数で可決したという記事が掲載されています。20人中12人の賛成で可決。すばらしいですね!!「オスプレイなど米軍機の低空飛行訓練中止を求める意見書」も賛成多数で可決されました。

原発再稼働反対徳島駅前抗議行動は明後日、午後6時からです。先週は3人の参加で抗議行動が行われたという話を聞きました。私は選挙本番中だったので残念ながら参加はできなかったのですが、留守中、本当にお世話になりました。明後日は元気に私も参加しますよ~!

明後日21日の金曜日、徳島駅前行動に参加できる人はぜひ来てください。徳島そごうエスカレーター前集合です。誰でも自由に参加ができます。元気にパレードしましょう!

これは必見!!投票率で議席を配分したらこうなった!!日本共産党は35議席へ!これが本当の民意だよね。小選挙区制というのは本当にやめないとね。

赤旗に掲載されていた現在の政党。みなさん、全部、言えますか?私は自信がありません(笑)

さあ!頑張りましょう!