“身削るなら政党助成金こそ”

BS番組 小池副委員長が強調

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。眠いです。今夜は早く寝るぞ。

今日は月末。あれやこれやと忙しい月末ですが、私は鳴門事務所で選挙の準備に明け暮れました。午前中は上田公司鳴門市議と一緒に鳴門市内を歩きました。懐かしい人にも会えました。

「あら?手塚さんですね。子ども劇場でお世話になっていました。昨年、衆議院選挙に出られたときも、びっくりしたんですよ。手塚さんに1票入れたんですよ。頑張ってくださいね。」

彼女は鳴門子ども劇場でお世話になった方で、鳴門に子ども劇場を立ち上げるときに一緒に話し合いをしたり、苦労を共にした仲間です。鳴門子ども劇場では「炎のシグナル」という劇を上演させていただきました。鳴門市の体育館で工夫しながら舞台を創ったことを思い出します。本当に懐かしいです。こうやって訪問していると思いがげない人との再会ってあるんですよね。だからおもしろいんですね。

さて、今日の日刊紙から記事を紹介します。

コメンテーター 「いくらなんでも多い」

日本共産党の小池晃副委員長・参院議員は29日夜、BSテレビ「日経プラス10」に出演し、「消費税増税で国民の負担は増加! 国会議員の身を切る改革は」をテーマに自民党の柴山昌彦衆院議員と討論しました。

小池氏は「賃金も上がっていない状況で消費税増税すれば景気も財政も破綻する。定数削減したから消費税増税をしてよいとはならない」と述べました。その上で、普通選挙が決まった1925年と比べ日本の人口は2倍になったのに国会議員数は逆に少なくなっている事実を示し、「定数削減はするべきではない。『身を削る』というなら議員定数でなく政党助成金をやめるべきだ」と語りました。

コメンテーターの岩井奉信日大教授も、ヨーロッパでは人口10万人に国会議員1人、日本にこれをあてはめると1300人の国会議員になると指摘し、「身を削るとは定数削減の問題ではない」と述べました。

番組では、国会議員1人あたり年間1億円かかるという数字が紹介され、そのうち1200万円が文書交通滞在費、4000万円が政党助成金だと説明されました。

小池氏は、「身を削る」というなら、東京在住の議員にも地方の議員と同じように毎月100万円出ている文書交通滞在費などを見直し・削減するべきだとし、中でも「最大の政党助成金をやめるべきだ。復興のためといいながら、なぜ政党助成金をやめようという議論が各政党から出てこないのか」と強調。政党助成金を受け取っていない日本共産党以外の各政党の財政に含まれる政党助成金の割合が、7割からほぼ10割に達しているデータを示し、「税金に頼る構造は異常だ」と批判しました。

柴山氏は「政党助成金をやめるのだったら、その分を立法調査費に回すべきだ」と述べ、自民党の税金漬けの体質を示しました。

岩井教授は政党助成金について「(国民)1人あたりは250円だが、総額ではこれほど多く出している国はない。いくらなんでも多い」と指摘しました。

今夜は西島三重子の池上線を聞きながら寝ます。懐かしいです。大好きな曲です。では、みなさん、おやすみなさい。また明日

ああ、明日は69回目の徳島金曜日行動です。夕方6時に徳島駅前、徳島そごうエスカレーター前に集合してくださいね。誰でも自由に参加できる「原発再稼働反対行動」です。遠慮なくお越しください。四国電力までデモ行進しますよ。

赤木春江が赤旗日曜版に登場!『ペコロスの母に会いに行く』

89歳で映画初主演 女優 赤木春恵さん

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日は赤旗日曜版が届く水曜日です。今週もおもしろい話題がいっぱいです。みなさんのところへ届く前に、一足お先に紹介しましょう。今週は大好きな赤木春江さんが登場しているので、うれしいです。

89歳にして「ペコロスの母に会いに行く」(森崎東監督)で映画初主演。「40年近く映画にご無沙汰していたので、こんなに楽しいものかと思うほど楽しい現場でした」。朗らかに、瞳を輝かせて。演じるのは認知症のみつえ。長崎を舞台に、介護する息子(岩松了)とのユーモラスな日々が愛情いっぱいに描かれます。

ペコロスの母に会いに行く 劇場予告編

原作は、長崎在住の漫画家・岡野雄一のエッセイ漫画『ペコロスの母に会いに行く』です。 認知症の母と団塊世代のはげた息子の何気ない日常が、多くの共感と感動を呼び、自費出­版から始まった原作本は、現在17万部を超えるベストセラーとなりました。 監督に森﨑東、主演に岩松了、赤木春恵を迎え、ここに新しい介護喜劇映画が誕生しまし­た。11月16日(土)より全国ロードショー、11月9日(土)より長崎先行公開です。

う~ん、この映画、絶対見たい!楽しみです

こちらが赤旗日曜版の記事です。お申し込みはこちらからどうぞ!

他の記事も紹介しておきましょう。

暗黒日本お断り 秘密保護法案

何が秘密かも秘密。「懲役10年」で脅し、国民の知る権利を奪う。米軍の機密に縛られ「海外で戦争する国」に―。いま、安倍内閣の秘密保護法案に不安が広がり「ノー」の世論が急速に広がっています。識者から自民党まで広がる声は…。ジャーナリストの鳥越俊太郎さん、外務省元国際情報局長の孫崎享さん、作家・日本ペンクラブ副会長の下重暁子さんにも話を聞きました。

 

いいね! 俺たちの憲法

11月3日は文化の日。67年前に日本国憲法が公布された日です。改憲をめざす安倍内閣の動きが際立つ一方、若い人のなかで、憲法を見つめ直し、「大事にしたい」という思いが広がっています。『日本国憲法を口語訳してみたら』の著者の塚田薫さん、「ハッピーバースデー憲法」に出演、TAP JAM CREWプロデューサーの神田リョウさん、『「日本国憲法」なのだ』を漫画家の赤塚不二夫さんと共著した、憲法学者・法政大学名誉教授の永井憲一さんにも話を聞きました。

さまざまな女性の生き方を紹介する「ときめきカフェ」。今回は沖縄の伝統工芸・琉球紅型(びんがた)の若手作家、縄トモコさん(32)です。沖縄に伝わる伝統の技を受け継ぎつつ、みずみずしい感性で新たな可能性に挑戦し続けます。

いよいよ月末ですね。色々頑張らなければいけないことがことが多くて、ウロキョロしています。今日の夕方、私の地元、上板町の柏木さんと一緒に地域を訪問しました。赤旗を読んでくれる人も増えたし、楽しく行動できました。

明日は朝から鳴門市を歩きます。今夜は宿直です。左目が痛いので早めに布団に入ることにします。それではみなさん、また明日。おやすみなさい・・・。

 

おまけ

赤木春江さんといえば、金八先生の校長先生役が思い出されます。今夜はこの曲を聴きながら眠ることにします。

海援隊 贈る言葉 (2001年)

懐かしい顔ぶれ。涙が出そう・・・。

3年B組金八先生 第6シリーズ 最終回ソーラン節

私は風間くんが登場した第5シリーズが一番好きです。

伝説の生徒 兼末健次郎 −金八先生より−

寒くなってきた~!

冬が一気に来たように思います

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日はかなり遅く自宅に帰りました。愛犬の散歩に出かけた時に「わ!寒い!冬やんか!」とおもわず声に出してしまいました。11月の鳴門市議選挙、寒くなるのかなあ・・・。寒いのは苦手やなあ・・・。

今夜は熱いお風呂にゆっくり入って考えていました。今日は日記、何を書こうかな・・・って。口内炎のこと書いてもなあ・・・。左目の調子が悪い話もなあ・・・。スマホの話しもなあ・・・。などと色々考えるんです。ゆっくりする時間って大事だと思います。忙しく大変なときほど、うまく時間をつくって気分転換もしないとね。

身体の調子が少し悪いので今夜は早く寝ます。早く・・・といってもこんな時間になってしまいました。いつも長い長いって言われていますので今夜は短く、もう終わります。

みなさん、おやすみなさい・・・。また明日

 

青春の坂道 岡田奈々

大好きな岡田奈々の「青春の坂道」です。中学3年生の時の想い出の1枚です。同級生のMさんがプレゼントしてくれた岡田奈々のLP。彼女は覚えているかなあ・・・。

大判焼きと・・・尾崎豊

僕が僕であるために

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今夜は地元、上板町の会議に参加しました。大判焼き&もみじ饅頭を食べながらダイジェストDVDを視聴。おいしく楽しい会議でした。月末、赤旗を読んでくれる人を探そうと、訪問行動計画もしました。

さ!・・・頑張ろ

“第3の躍進”を本格的な流れに

私の知り合いのSさんは大判焼きをひとりで10個食べるといいます。ほんまかいな・・・と思いますが、本当だそうです。私も甘いものは大好きなので大判焼きは食べますが、3個まででしょうね。4個になるとキツイですね。

今日の昼間は鳴門事務所でビラ配布の準備やパソコンの入力や鳴門市議選挙の事前審査の書類作りをゴソゴソしておりました。告示まで2週間弱。粛々と頑張る(笑)

今夜はここまでにしましょう。明日は徳島東署に出頭・・・じゃなかった、手続きに行きます。11月の原発反対の金曜日行動の申請です。11月は金曜日が5回あるんですね。1回の行動に2000円支払いますので、11月は10000円必要です。う~ん・・・ツライぜ!

今夜は大好きな尾崎豊を聞きながら眠ります。みなさん、おやすみなさい・・・。また、明日

尾崎豊 僕が僕であるために(87年 有明コロシアム)

私は昔からずっと共産党が大好きなんよ!

ヘンコツやけんな、好きなんよ

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日は朝から鳴門市で統一行動でした。たくさんの人に集まってもらって「街頭宣伝集中行動作戦」、無事終了しました。鳴門市で共産党の宣伝カーに手を振って応援をしてくださった多くのみなさん、ありがとうございました。鳴門市議選挙の告示は11月10日です。

今朝は鳴門市の中心地域を歩きました。上田公司鳴門市議と一緒に歩いたのですが、うれしい言葉をかけていただきました。

私は昔からずっと共産党が大好きなんよ。間違いないけんな。頑張りないよ。私、ヘンコツやけんな、共産党がずっと好きなんじゃ。応援しよるでよ、頑張って!頑張って!

こんな声をかけてくれる人がいました。初めて訪問したお宅です。励まされますね。

 

国民の目・耳・口ふさ これが秘密保護法案

今朝の赤旗日刊紙から記事を紹介します。

友好国ドイツの首相の携帯電話まで盗聴する米国。安倍内閣は、その米国から軍事情報の提供を受けるため、情報漏えいした国民を処罰する法案を国会に提出しました。「特定秘密保護法案」です。外交・防衛から原発情報まで、私たちの生活にも直接影響を及ぼす中身です。法案が国民にもたらす危険とは…。

 

 

 

詳しくはここからご覧ください!

 

夜は鳴門で会議。さっき地区事務所に帰ってきました。今夜は宿直です。早めに宿直室に入りましょうか。

今夜は懐かしい伊藤咲子の歌を聞きながら眠ることにします。

ではみなさん、また明日

伊藤咲子 乙女のワルツ

伊藤咲子 ひまわり娘