こんなときに消費税を上げていいのでしょうか?

70%以上の国民が増税に反対

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。いよいよ明日が3月31日、3月最後の日となりました。私は3月中にやらなければいけない仕事を粛々と片付けています。今朝は雨でした。大きな風も吹いていました。春の嵐のような感じでした。桜が心配だけど、大丈夫だったかな?

さてさて消費税のお話です。

4月から消費税が8%に上がります。国民の7割以上の人が上げないでほしいと思っているのに上げてしまう・・・。これ、大変なことになると思うんですけど・・・。

8%で8兆円、10%で13.5兆円の消費税大増税。1人あたり11万円以上もの負担増です。今でも給料は増えないで、物価が上がって、社会保障が切り縮められているでしょ。こんなときに消費税を増税されたら、くらしや営業はどうなるんでしょうか。景気回復はどんどん遠のいて、日本経済も財政も大変なことになるんじゃないでしょうか。

「消費税増税ストップ!」の声を上げ続けることが大事なんです。暴走する安倍政権にとって、国民が黙ってくれることが一番なんですよ。だから、「増税中止」の声を上げ続けましょう。みんなで力を合わせて声を出していきましょう。

うちの玄関に貼ってある共産党のポスターです。がまぐっちゃんが怒っています(笑)

今朝の赤旗日刊紙の「潮流」を紹介します。

最終特価。直前まとめ買い。ラスト3日間セール…。消費税増税を目前にした週末、駆け込み需要をもくろむチラシが大量に入りました。お花見まで済ませてしまおうという人たちも。

信を得てもいないのに、いつの間にかの大増税。物価は上がるばかりで、家計にはいっこうに春はこない。少しでも安いうちにと庶民がつましい暮らしに努める一方で、政界では浮世離れしたカネのやりとりがくり返されています。

“8億円の熊手”。化粧品会社のDHC会長から、計8億もの大金を個人的に借り入れたという、みんなの党の渡辺喜美代表。使い道を問われ、唯一、具体例にあげたのが、「酉(とり)の市に行くと、かなり大きな熊手を買って帰る」。

選挙の直前に融通してもらった金を、個人の借金だと言い張る姿は、あの猪瀬前都知事とそっくり。猪瀬氏が徳洲会から5千万円を提供されたとき、渡辺氏は「引きずりおろされてジ・エンドより、潔く身を引く選択肢がベターだ」と辞任を促していたはずですが…。

ごまかしの釈明に終始した猪瀬氏は結局、選挙資金だったことを認めました。しかし東京地検は、辞めたからと略式起訴。あれだけ世間を騒がせながら公の裁判にもせず、罰金50万円で済ませています。

熊手でかき集めたカネを何に使ったのか、渡辺氏も明らかにすべきです。特定の人物や企業から大金を受け取った政治家が周りをバカにしたような言い訳で居直る。法をくぐり抜ける。こんな腹立たしいことをいつまで続けさせるのか。

今夜はここまでにします!久保地区委員長や機関紙部長の太田さんにいただいた「でこぽん」を食べました。おいしかったです。でも口内炎にしみるので、泣きながら食べました。泣くくらいなら食べなきゃいいやん・・・っておっしゃるかもですが、おいしいですもん。

ごちそうさまでした!!

あ・・・NHKの「ごちそうさん」が終わって淋しくなりました。最終回、見逃したんや~!悔しい・・・。

けど、ゆうさんが帰ってきたようで、良かった、良かった。最後まで戻るんやろか、戻らないんやろか・・・とハラハラしました。

長い間、楽しませていただきました。お疲れさまでした。

では、おやすみなさい。今夜は例によって宿直です。

 

【おまけ】

たまには自分の画像もアップしておかないとね。来年の県議選挙までちょうど1年です。頑張ります。

【おまけのおまけ】

「原発ゼロ」官邸前行動2年 「川内」再稼働はダメ

今朝の赤旗日刊紙から

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今夜は北島町で会議でした。37歳のBくん。32歳のFくん。若い二人が参加しての会議、楽しかったです。来月は後援会でボウリング大会をしようと決めました。

Fくんは絵を描くのがうまいんです。さらさらって何でも描くんですよね、で、私の似顔絵を描いてよってお願いしたら、即、描いてくれました。

かわいく描いてくれました。ありがとう!

 

さて、今朝の日刊紙の記事です。徳島の金曜日行動は昨日で90回を数えましたが、官邸前は丸2年です。声を上げ続けることが大事です。全国のみなさんと心ひとつにこれからも頑張ります!

首都圏反原発連合(反原連)は28日、「原発ゼロ」を訴える首相官邸前抗議行動を行いました。この行動が初めて行われた2012年3月29日から2年を迎え、95回目です。2200人(主催者発表)が参加し、「原発なくせ」「再稼働反対」の声をとどろかせました。

福島第1原発では汚染水漏れが相次ぎ、世論調査でも原発ゼロを求める声が7割、8割にのぼります。ところが安倍晋三内閣は、原発を重要な電源と位置づけるエネルギー基本計画の閣議決定を狙い、川内(せんだい)原発(鹿児島県)を突破口に再稼働を推進しようとしています。

桜が花をつけ始めた官邸前。「川内原発 廃炉が一番」「官邸前抗議は怒りの2周年!」などと書いたプラカードも。

大学生(25)=東京都小平市=は初参加。「事故が収束していないのに、再稼働なんて許せない。安倍首相は、ここで原発はいらないと訴える多くの人の声を聞くべきです」といいます。

静岡県浜松市の男性(64)も初参加。「浜岡原発の廃炉を求める署名をしている。全国の共同と連帯を広げて、再稼働をすすめる安倍政権にたちはだかりたい」

熊本市から初参加した女性(62)は、「官邸前にずっと来たいと思っていました。福島の状況を考えたら再稼働はありえない。一人では何もできないけど、ここに来ることで力になりたい」。

東京都品川区の女性(57)は「川内原発は、火山や活断層の危険も指摘されている。このまま再稼働させないようみんなで力を合わせましょう」。

東京都杉並区の会社員の男性(44)は「大学で物理を学んでいました。科学を学んだものとして原発に反対するのは義務。人間の技術ではいつか重大事故を起こすことを防げません。再稼働はもってのほかです」と語りました。

2年の力広げ必ず廃炉に 笠井、吉良両議員

日本共産党の笠井亮衆院議員、吉良よし子参院議員は28日、2年の節目を迎えた官邸前行動に参加しました。笠井、吉良両議員ともに行動の常連。

笠井議員はスピーチで、「『原発いらない』『再稼働反対』の声が、稼働原発ゼロをつくってきました。『原発ゼロ』はゆるぎない国民世論になっています。今日を新しいスタートに、この2年の力を広げて頑張ろう」と力強く呼びかけました。

吉良議員は「2年間、この場所で声を上げ続けた国民がいます。この声が聞こえないとは言わせない。必ず廃炉にするまで声をあげ続けよう」と元気いっぱいに訴えました。

両氏は参加者とともに「原発廃炉」「すべての原発再稼働反対」とコールしました。

昨日の徳島金曜日行動の写真を山田豊さんのブログから拝借。私が写っていたのでいただきました。ありがとうございます。

あ、日付が変わりそうです。今夜はここまでにします。明日も元気にお会いしましょう。おやすみなさい・・・。

 

「頑張ってください!」の声に勇気をもらう 90回目の金曜日行動

徳島駅前に14人が集まった

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今夜は90回目の原発再稼動反対の抗議行動でした。今夜は風が強くて並べたプラカードが飛んで飛んで・・・。

暖かくなりましたが、プラカードを追いかけるのが大変でした。

道行く人が拾ってくれたり・・・。ありがとうございました。あるご婦人がプラカードを拾いながら「風が強いから大変ですね。頑張ってください」と声をかけてくれました。

励まされます。勇気いただきました。ありがとうございます。

山田豊さんがマイクを握っているとき、じっとその話を聞くご老人がいました。Sさんが話を聞きに行くと「私は原発はいらんと思う」と・・・。

国民のほとんどの人はそう思っています。「原発はいらん!」と・・・。

今夜は私の美声を聞いてもらいました。「線路は続くよどこまでも」の替え歌を歌いました。そのあといつもの「原発反対のマーチ」をみんなで歌って、四国電力までデモ行進をしました。今夜もミニ鯉のぼりを持って更新しました。

いつもの和菓子屋のおばさんが待ってくれています。「いつもご苦労様」と声をかけてくれる。原発は絶対に再稼動させてはいけません。再稼動を狙っている悪い人間がいっぱいいますから、まだまだ私たちは頑張らなければいけません。

 

羽生結弦が逆転優勝!世界選手権

282・59点で1位となり逆転、金メダルを獲得。町田樹は銀。やっぱりすごいぞ羽生結弦。今夜のフリーの演技は圧巻でした。

私も頑張るけん。

今夜はここまでにします。宿直です。久々に大好きなコーヒー牛乳を買ってきました。ちょっと飲み過ぎてお腹がどぶどぶいってる(笑)

ではみなさん、また明日。おやすみなさい。

もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか

キャンディーズは私の青春

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日はポカポカ陽気で、もう春なんですね。気分もうきうきしてきます。3月も残り少なくなりました。最後まで頑張って新しい月、4月を迎えたいです。

消費税が4月から上がる。こんなに生活が大変な時に消費税を上げる。もうむちゃくちゃやと思う。気分が落ち込んでしまう事もある。こんな時でも花はきれいに咲くんだな・・・。

自宅で咲いていた花を撮りました。もう春なんだ。

「ストップTPP」の文字が後ろに見えます。

 木蓮の花と青空。今日はきれいな空でした。

キャンディーズの歌を歌いたくなります。私の青春時代ですね。

春一番

雪がとけて川になって 流れて行きます
つくしの子が恥ずかしげに 顔を出します
もうすぐ春ですねえ
ちょっと気どってみませんか
風が吹いて暖かさを 運んできました
どこかの子が隣の子を 迎えにきました
もうすぐ春ですねえ
彼をさそってみませんか
泣いてばかりいたって 幸せはこないから
重いコートぬいで でかけませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか

日だまりには雀たちが 楽しそうです
雪をはねて猫柳が 顔を出します
もうすぐ春ですねえ
ちょっと気どってみませんか
おしゃれをして男の子が 出かけて行きます
水をけってカエルの子が 泳いで行きます
もうすぐ春ですねえ
彼をさそってみませんか
別れ話したのは 去年のことでしたね
ひとつ大人になって 忘れませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか

雪がとけて川になって 流れて行きます
つくしの子が恥ずかしげに 顔を出します
もうすぐ春ですねえ
ちょっと気どってみませんか
別れ話したのは 去年のことでしたね
ひとつ大人になって 忘れませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか
もうすぐ春ですねえ 恋をしてみませんか

春一番 キャンディーズ 1976

明日は90回目の徳島金曜日行動です。夕方6時に徳島駅前に集合です。四国電力徳島支店まで元気にデモ行進しますよ。みなさん、来てくださいね! 

今夜はここまでにします。また明日も元気にお会いしましょう!

 

袴田さんに再審開始決定!そして逮捕から48年、死刑確定から33年、やっと釈放!証拠捏造・・・?なんてこった!

91歳 安倍首相をしかる 瀬戸内寂聴

赤旗日曜版3月30日号より

みなさん、こんばんは!日本共産党の手塚弘司です。今日は農民連のみなさんと一緒に農協(JA)の事務所を訪問しました。TPP参加には絶対に反対!お互いに最後まで頑張りましょう・・・と懇談しました。軽トラックに「TPP反対!」ののぼりを立てて鳴門市から板野郡、阿波市から石井町、徳島市と宣伝をしてまわりました。

3月30日には東京でTPP反対の大きな集会が計画されています。大成功させましょう!

 

では、今週の赤旗の記事から紹介します。

人災は防げる 戦争も原発も

瀬戸内寂聴さん 91歳 安倍政権をしかる

「戦争も原発事故も人災。人災は人間の力で防ぐことができる―。憲法擁護と原発再稼働反対を精力的に訴える作家・僧侶の瀬戸内寂聴さん(91)を京都の寂庵に訪ねました。

 

消せない侵略の事実 日中戦争にみる

国策で中国を武力支配
当時の基準でも”違法”

家に火つけ撃ち殺した 元関東軍 船生退助さん証言

憲法9条解釈改憲、靖国神社参拝など「戦争できる国」づくりに突き進む安倍政権。その根本にある歴史観が今、問われています。安倍首相は国会で「侵略の定義は定まっていない」と答弁して、日本の侵略戦争さえ認めようとしていません。そもそも日本による侵略戦争とは何だったのか。中国侵略に焦点を当てて検証します。元関東軍兵士の船生退助さん(94)にも話を聞きました。

 

安倍改憲 集団的自衛権行使容認許さない

元閣僚も

軽々しく大原則変えるな
 元内閣官房長官、元大蔵大臣 武村正義さん
罪認めて建設的な未来を
 元財務相、元内閣官房副長官 藤井裕久さん

歴代政権が憲法違反としてきた集団的自衛権を閣議決定で認めるという安倍政権。その危険な暴走に国民の批判が広がっています。元官房長官や財務相など閣僚経験者も党派を超え「立憲主義守れ」の声を上げています。憲法解釈を変え、日本が武力攻撃を受けなくても、海外での武力行使を可能にしようとしている安倍晋三首相。共同通信の世論調査では、この安倍首相の考え方に1カ月間で「反対」が51%から57.7%に急上昇。「賛成」は38.9%から33.9%に減りました。与党内でも安倍首相の強引な進め方に反発が相次いでいます。

 

赤旗日曜版は毎週自宅まで届いて800円です。ぜひお読みください。申し込みは中央委員会のHPでもOKですし、私まで連絡くだされば手続きします。全国どこでも大丈夫・・・だと思います(笑)

今夜はここまでにします。また明日も元気にお会いしましょう。おやすみなさい。

【おまけ】

沢田研二が歌うこの歌がすごい!紹介しちゃうね!これ・・・どんどん紹介しちゃおう!最近のジュリー、好きだな。ここまではっきりと言ってくれるって。ありがとう!

【一握り人の罪/沢田研二】

昔 海辺の小さな寂れかけた村に
東電が来て 原発速く作りたいと

国の肝入り工事は 直ぐに道路を通し海岸や丘を削って
反対意見は軽んじ
機動隊投入

東電も信じた 受け入れ側も信じた
安全神話鵜呑みに 一握り人の罪

海が命の漁師は 海が死ぬのを怖れた
村はいびつに裂かれた 一握り人の罪
嗚呼無情

いつか原発廃炉に 除染は何年先
東電は未来型エネルギーに無関心か

国もただこまぬくだけ 被災地に 僕たちに
復興延々と進まず 国は荒むよ

僕らに還して国を
原発に乞われた町
神話を流したのは誰 一握り人の罪

原発に怯える町 原発に狂った未来
繰り返すまい明日に 一握り人の罪
嗚呼無情

作詞/沢田研二
作曲/大山泰輝